【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎 鬼背参り(おにのせまいり)

   

Sponsored Link

浮気ものの若旦那、遊びが過ぎて江戸を離れていたが、このたび親元に戻って来ている。
かつて出入りさせていた幇間を訪ねると、嫌み半分に若旦那の不在中に起きた怪異譚を聞かされる。
それは、若旦那が棄てた女に関わるものだった……
*原作:夢枕獏

あらすじ

生薬屋の若旦那 四方吉。恋人のお美津を捨てて他の女と上方へ駆け落ちをしましたが金の切れ目が縁の切れ目、お金が無くなった途端に女に愛想をつかされて二年ぶりに江戸に戻ります。

贔屓の幇間善助にお美津の様子を聞きますと、お美津は気が触れて死んだと言います。

四方吉がいなくなったあと、お美津は四方吉の名を呼びながら町を探し歩き、善助の前のドブ板をはずしてその中まで探している様子。

半年後に善助がお美津の家を訪ねると、庭中一面にきれいな菊の花。

家の中に入ってみるとここでも菊の匂いがしてきれいな黒髪を広げたままお美津が死んでいました。

近所の者を集めて形ばかりの葬儀をし、亡骸を焼き場に持って行きますとお美津の亡骸が消えています。

不思議に思ってお美津の家に行くと、善助が見つけたと同じ姿のお美津の亡骸。

何度も焼き場に連れて行きますがまたもとの家に戻っています。

それからお美津は夜な夜な善助や近所の若い衆の家に四方吉を探しにくる。

善助が戸の隙間から恐る恐る見てみるとお美津は鬼となっています。

[出典:http://rakugo.ohmineya.com/]

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 八月下旬

夏休みの終わりに小学生ケンイチが体験する、大人のほろ苦く甘酸っぱい世界……

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 うどん屋

あらすじ 江戸の夜、市中を流して歩いていたのが「うどんや」さん。 大勢の客に当た …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 錦木検校(にしきぎけんぎょう)

あらすじ 大名・酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)が末子、格三郎が父親に疎んじられ下 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 純情日記 横浜編

あらすじ バイト先で知り合った女性が好きになった。 勇気を出して電話でデートに誘 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎/宮戸川(前半・後半)

前半あらすじ 小網町に住む半七は、友人宅で将棋を指していて帰りが遅くなってしまい …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 冬のそなた
柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 まんじゅうこわい(饅頭こわい)

まんじゅうこわい

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 錦の袈裟

錦の袈裟(にしきのけさ)は落語の演目の一つ。 原話は、安永6年(1777年)に出 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 ハワイの雪
柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 擬宝珠(ぎぼし)

あらすじ 若旦那が病気になって寝込んでしまった。 熊さんは親に頼まれて、病気の原 …