【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭円歌(二代目)大出来大当り

   

Sponsored Link


Sponsored Link

Sponsored Link

 - 三遊亭円歌(二代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭円歌(二代目)四段目(蔵丁稚)

歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」の四段目のこと。 上方では『蔵丁稚』

三遊亭円歌(二代目) 姫はじめ

元話は『わしがかか』で『宿屋ぼぼ』とほぼ同じ。これを円歌が姫はじめと題して演じた …

三遊亭円歌(二代目)さんま芝居

五代目柳亭燕路(りゅうていえんじ)作 あらすじ 兄貴との旅から帰ってきた弟分。 …

三遊亭円歌(二代目)電報違い

初代三遊亭圓歌作 初代三遊亭圓歌(1876年6月10日 – 1927 …

三遊亭円歌(二代目)くしゃみ義太夫

『くしゃみ講釈』 の講釈師から義太夫語りに改めた二代目三遊亭円歌の貴重なバージョ …

三遊亭円歌(二代目)社長の電話

鈴木みちを作 電話シリーズ・社長シリーズのひとつ 社長は部下を使って今夜は帰宅で …

三遊亭円歌(二代目) 高野違い

大家さんに歌を知らない者は人間ではないと言われ、憤慨して隠居のところに教えてもら …

三遊亭円歌(二代目) 質屋庫(質屋蔵)

上方ではヒチヤグラ。原話は安永二年江戸板「近目貫」に載っている「天神」。

三遊亭円歌(二代目)応挙の幽霊

書画骨とう屋が一人で酒を飲んでいる。そこへ旦那がやってきたので、骨とう屋は、旦那 …

三遊亭円歌(二代目)竜宮界龍の都(竜宮・龍宮)

あらすじ 九州小倉と大坂を往復する船に乗り込んだ男が、三十両の大金を海に落とした …