【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 大山詣り

   

Sponsored Link

あらすじ

昔は江戸から富士山や大山にお詣りに行ったもので、信心からというよりも遊び半分、ときには取っ組み合いが起こったりもします。
とある長屋でも大山詣りに行くことになったのですが、熊さんは残って後の長屋を守る役になってくれなんて言われてしまう。
文句を言って問う正すと、本当はしょっちゅう喧嘩をするから残らせようとの魂胆。
今回は喧嘩をしたものは罰金を払ったあげく、坊主にしちゃおうということになっているらしい。
熊さん、俺は大丈夫だと大山詣りに参加することに。

無事お詣りが済んで、明日には江戸に戻るという晩、気が緩んだのかやっぱり喧嘩しちゃった。
それで熊さんは決まり通り坊主にされてしまう。翌朝熊さんが起きてみると既に皆は経った後。
宿の人にくすくす笑われて本当に坊主にされたことに気付きます。

やられた熊さん、一計を案じ、一足先に江戸に戻ります。
長屋のおかみさん連中を集めて、途中金沢八景見物に舟に乗ったときに舟が転覆して、皆亡くなってしまったと嘘をつく。
供養のために坊主にしたというから皆信じちゃって、おかみさん達も供養に尼になります。

そこで男衆が帰ってきて、自分の女房が尼さんになっているのを見てびっくり。
これは熊さんの仕業と気付き怒るが、先達さんはそれを見て「めでたい」と大笑い。
自分の奥さんも尼にされて何がそんなにおかしいのかと問われると
「お山が無事に済んで帰ってきたらば、皆さんお毛が(怪我)なかった」

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 ろくろ首(ろくろっ首)

ろくろ首(ろくろくび)は、古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の演目で、幕末か …

立川談志/岸柳島(巌流島)

隅田川を渡るのには橋があったが、両国橋と吾妻橋の間に”御厩の渡し”が有った。ここ …

立川談志/浮世根問
■立川談志/金玉医者(きんたまいしゃ)

金玉医者は、古典落語の演目のひとつ。 「顔の医者」「すが目」「頓知の医者」「皺め …

立川談志/宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

立川談志/らくだ

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

立川談志 木乃伊取り

あらすじ 集金の金を持って若旦那が2~3日帰ってこなかった。 調べると吉原の角海 …

立川談志/富久

ある年の国立劇場演芸場で開かれた「談志ひとり会」で「富久」を聴いた。 幇間の久蔵 …

立川談志/宮戸川(お花半七馴れ初め)

 

立川談志 狸賽(たぬさい・たぬき)

狸の札・狸の鯉・狸賽・たぬき