【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三笑亭可楽(八代目)大山詣り

   

Sponsored Link

元々は「百人坊主」という上方落語の演目とされるが、滝亭鯉丈の作品で文政4年(西暦1821年頃)に出版された「大山道中栗毛俊足」に似たパターンの噺があり、これを指摘した六代目三遊亭圓生は東西で別々に発展したものではないか?と述べている

大山詣り―御師が育んだ大山信仰―【記録編】

江戸の人口が100万人のころ、年間20万人が大山を訪れたという「大山詣り」。
「大山詣り」は先導師(御師)により脈々と受け継がれ、今でも白い行衣に身を包んだ大山講の一行を目の当たりにすることができます。
今回、先導師と講の方々に御協力をいただき、現在の「大山詣り」について、記録映像を作成しました。

Sponsored Link

 - 三笑亭可楽(八代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三笑亭可楽(八代目)らくだ【十八番】

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

三笑亭可楽(八代目) たいこ腹

歴史的音源

三笑亭可楽(八代目) 尻餅(しりもち)

あらすじ 八五郎の家では、大晦日だというのに夫婦喧嘩をしている。 隣近所では餅つ …

三笑亭可楽(八代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三笑亭可楽(八代目)文違い(ふみちがい)

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …

三笑亭可楽(八代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

三笑亭可楽(八代目)青菜
三笑亭可楽(八代目) 付き馬

「居残り佐平次」のような噺ですが、この男は居残ることもなくまんまと勘定を踏み倒し …

三笑亭可楽(八代目)笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

三笑亭可楽(八代目) 士族のうなぎ(素人鰻)