【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

金原亭馬生(十代目)王子の狐

   

Sponsored Link

王子の狐(おうじのきつね)は、落語の噺の一つ。
初代三遊亭圓右が上方噺の高倉狐を東京に写したもの。

人を化かすと言われる狐がかえって人に化かされる顛末を描く。結末は一種の考え落ち。
主な演者に8代目春風亭柳枝10代目金原亭馬生、7代目立川談志などがいる。

Sponsored Link

 - 金原亭馬生(十代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

金原亭馬生(十代目)幾代餅

別題:幾代餅の由来 「搗き米屋(精米業者)に勤める清蔵が幾代太夫に恋をし、一途な …

■金原亭馬生(十代目)崇徳院

『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後に東 …

金原亭馬生(十代目)鈴振り(鈴まら)

★聴き比べ→古今亭志ん生

金原亭馬生(十代目)抜け雀

あらすじ 小田原宿に現れた若い男、色白で肥えているが、風体はというと、黒羽二重は …

金原亭馬生(十代目)大山詣り

大山詣り(おおやままいり)は古典落語の演目。原話は、狂言の演目の一つである「六人 …

金原亭馬生(十代目)文違い

新宿の女郎お杉、客の半七と田舎の大尽・角蔵にそれぞれ金の無心をするが、実は間夫の …

■金原亭馬生(十代目)鰍沢

おやじの骨を身延山に納めるため、参詣かたがたはるばる江戸からやってきた新助。 帰 …

金原亭馬生(十代目)花筏
金原亭馬生(十代目)吝い屋(しわい屋)
金原亭馬生(十代目)あくび指南

町内の、もと医者が住んでいた空家に、最近変わった看板がかけられた。墨黒々と「あく …