【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)王子の狐

   

Sponsored Link

田んぼの稲むらの陰で、狐が若い女に化けるのを見た男。
化かされる前にと、女に「お玉ちゃん」と声をかけ、一緒に料亭扇屋の二階に上がる。

女は食べて、飲んで酔って寝てしまう。
男は玉子焼き三人前をみやげに、代金は二階のご婦人が払うと言い帰ってしまう。

女中に起こされた女、勘定は自分持ちだと聞かされ、驚いて神通力を失い狐の正体の戻ってしまう。
店の若い者から袋叩きにあった狐、最後の一発を放し、なんとか逃げる。

店の者は主人から「この店が繁盛しているのは王子稲荷様のお陰なのに、そのお使い姫の狐になんということをしてくれた」と叱られ、主人共々王子稲荷に詫びに行く。

一方の狐をだました男も、狐は執念深いから、家族はたたられるぞと脅かされ、手土産を持って謝りに狐穴を探しに行く。

狐穴から出て来た子狐を見つけ訳を話し謝り、土産を渡す。
穴に戻った子狐と母狐の会話。

子狐 「きのうの謝りに来たってこんなもん持って来たよ」

母狐 「なんだいそりゃ」

子狐 「あけて見ようか」

母狐 「あけてごらん」

子狐 「あ、ぼたもちだ、おっかさん一つ食べてもいいかい」

母狐 「ああ~、食べちゃいけない。馬の糞かも知れない」

[出典:http://rakugo1day1speech.com/2011/08/28/%E6%98%A5%E9%A2%A8%E4%BA%AD%E6%9F%B3%E6%9E%9D-%E5%85%AB%E4%BB%A3%E7%9B%AE-%E7%8E%8B%E5%AD%90%E3%81%AE%E7%8B%90/]

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目) 真田小僧

前座噺とし使う場合は、サゲまでやらずに途中で切ることが多い。志ん生が、前座の頃の …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)首ったけ

いくら、廓(くるわ)で女郎に振られて怒るのは野暮(やぼ)だといっても、がまんでき …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)うなぎや
古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)一眼国

両国界隈には、多くの商人や見世物小屋が林立しており、インチキも多かった。 人の子 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)たぬき(狸の札~狸の鯉)

★聴き比べ ⇒ http://rakugo-channel.tsuvasa.co …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
★古今亭志ん生(五代目)子別れ(上・中・下)

子別れ(こわかれ)は古典落語の演目の一つ。 柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)へっつい幽霊

竃幽霊(へっついゆうれい)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年) …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) おせつ徳三郎(刀屋)

お店のお嬢様のおせつと奉公人の徳三郎が恋仲に落ちた。それが明るみに出て、徳三郎は …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)千両みかん(千両蜜柑)

千両蜜柑(せんりょうみかん)は、古典落語の演目。 原話は、明和9年(1772年) …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)抜け雀(1956年)

あらすじ 小田原宿に現れた若い男。 色白で肥えているが、風体はというと、黒羽二重 …