【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)近江八景

   

Sponsored Link


近江八景(おうみはっけい)は、古典落語の演目の一つ。
原話は、安永10年(1781年)に出版された笑話本・「民話新繁」の一遍である『鞜の懸』。
元々は上方落語の演目で、4代目春風亭柳枝が東京に持ち込んだ。
主な演者として、東京の6代目三遊亭圓生や上方の橘ノ圓都などがいる。

あらすじ

八五郎が家にいると、兄弟分である建具屋の半次が血相を変えて飛び込んできた。
「訊きたい事があるんだよ」
何だろうと思っていると、半次の質問は三浦屋の月の輪という花魁の噂。
その女とは、『年季が明ければ夫婦になる』と口約束はしてあるものの、なんせ相手は女郎、本当の気持ちは如何なのか気になって仕方がないのだ。
そこで、情報通の八五郎に、女の様子を尋ねにきたという訳。話を聞いた八五郎は、真剣な顔でこう言った。
「いるよ。新しい男が」
その男は《色白で髪黒々と、目がぱっちりとして男振りもよく、背が高くもなく低くもなく》…という、ライバルとしては最悪の色男。
しかも、月の輪は目下この男に血道をあげており、夫婦約束まで取り交わしているという。
「お前のツラじゃなあ、女の血道は上がらないわな。あばら骨で止まるね」
八五郎にまで言われ放題の半次。口では『男は顔じゃねえ』と強がってみても、やっぱり気になってしまい、女の本心を横丁の占いの名人に見立ててもらうことにした。
「女との仲を見てもらいたい? どれどれ…」
先生、おもむろに算木筮竹(ぜいちく)をチャラチャラ…。
「出ました。易は沢火革。革は改めるということだから、来年の春には女が来ます」
半次は大喜び。しかし、この易にはまだ続きが有った。
「ただし、沢火革を変更すると水火既済となります。つまり、来るには来ても、結局の所は逃げられてしまいます。諦めた方が得策でしょう」
先生にまで『別れろ』といわれ、とうとう半次の堪忍袋の緒がブチ切れた。
「冗談言っちゃいけねぇや。花魁は俺にぞっこん惚れ込んでいるんだ。てめえ、八卦見だってんなら、近江八景で見てくれ。さもなきゃ道具をたたっこわすぞ!」
物凄い勢いでまくし立て、女から来た恋文を突きつける。
【恋しき君の面影を、しばしがほども三井もせず、文も矢橋の通ひ路に、心堅田の雁ならで、われ唐崎の袖の雨、濡れて乾かぬ比良の雪、瀬田の夕べとうち解けて、堅き心も石山の、月も隠るる恋の闇、粟津に暮らすわが思ひ、不愍と察しあるならば、また来る春に近江路や、八つの景色に戯れて、書き送る、かしく】
半次は自慢そうに、「どうです、花魁はあっしに惚れてましょ?」
ところが、易者は「そうじゃぁない」と言い出した。
「この文から判断をすると、女が顔に比良の暮雪ほどお白粉を付けているのを、おまえは一目三井寺より、わがものにしようと心は矢橋にはやるゆえ、滋賀唐崎の夜雨と惚れかかっても、先の女が夜の月。文の便りも堅田より、気がそわそわと浮御堂、根が道落雁の強い女だから、どうせ瀬田が唐橋だ。これは粟津に晴嵐がよかろう…帰るなら見料を、おアシを置いておいで」
「何を言ってやがんだ! 近江八景に膳所はねえ」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■三遊亭圓生(六代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三遊亭圓生(六代目)突き落とし(上方版~棟梁の遊び)

文化年間(1804~18)から伝わる江戸廓噺。原話不詳。 大正期には、初代柳家小 …

三遊亭圓生(六代目)弥次郎

上方落語の演目『鉄砲勇助(嘘つき村)』の前半部を独立させ、「安珍・清姫伝説」を下 …

■三遊亭圓生(六代目)双蝶々(ふたつちょうちょう)

序~小雀長吉 八百屋の長兵衛の倅・長吉は、小さいころから手に負えない悪で、店の物 …

■三遊亭圓生(六代目) 寝床

蜀山にも皮肉られたほど、明治・大正の頃大変素人義太夫が盛んになった。 定吉に命じ …

三遊亭圓生(六代目)永代橋(武兵衛ちがい)

江戸期から高座にかかる生粋の江戸落語なのですが、現代では、あまり高座にかからない …

三遊亭圓生(六代目)やかん

  あらすじ この世に知らないものはないと広言する隠居。 長屋の八五郎 …

■三遊亭圓生(六代目) 百川

) 昭和53(1978)年4月25日 第120回落語研究会 国立小劇場 圓生77 …

八九升(はっくしょう) 放送禁止落語

八九升(はっくしょう)は、古典落語の演目の一つ。 わかりやすい、典型的な滑稽噺で …

三遊亭圓生(六代目)のめる

酒好きで、なにかにつけて「のめる」というのが口癖の男。 友達に、「つまらねえ」が …