【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓遊(四代目)夏泥(置泥おきどろ)

置泥(おきどろ)は、古典落語の演目の一つ。原話は、安永7年(1778年)に出版さ …

桂枝雀(二代目)一人酒盛り

あらすじ 引越ししたばかりの男の家に友人が遊びに来る。 男は酒でも用意するからゆ …

桂枝雀(二代目)恨み酒

あらすじ 開店前の飲み屋に入って来た男、 「何年も前に来たが、酒も肴もおいしかっ …

桂枝雀(二代目)戻り井戸

あらすじ ある男が気がつくと井戸の中にいる。 何が起こったのか判らないまま助けを …

桂枝雀(二代目)猫

あらすじ わたしは猫です。 名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が …

■桂枝雀(二代目)英語落語 時うどん Rakugo in English Toki Udon by Katsura Shijaku

プロフィール 2代目桂 枝雀(かつら しじゃく、本名:前田 達(まえだ とおる) …

柳家小さん(五代目)長短

■桂枝雀(二代目)緊張の緩和理論と笑いの分類

笑いとは何か? 桂枝雀が語る『笑いの分類』上岡龍太郎との対談 大変貴重な動画です …

桂三木助(三代目)長短【十八番】

気の長い長さんと、むやみに気短な短七の二人は幼なじみ。 性格が正反対だが、なぜか …

■雷門助六(八代目)長短

気の長い長さんと気の短い短七さんは、性格が真逆なのに仲がいい。 あるとき、長さん …

鈴々舎馬風(四代目)病院日誌(闘病日記)「鬼の馬風」

『病院日誌』は、晩年の1960年9月、愛用したヒロポンが原因で、中風で倒れ右半身 …

桂枝雀(二代目)親子茶屋(夜桜)

親子茶屋(おやこぢゃや)は古典落語の演目の一つ。 上方落語の演目である。『滑稽噺 …

■桂枝雀(二代目)かぜうどん(風邪うどん)

あらすじ 屋台のうどん屋が、いろいろと酔っぱらいにからまれ、好き勝手言って水だけ …

■桂枝雀(二代目)牛の丸薬

大和炬燵(こたつ=土製の小型の四角いあんか)の古くなったのをいじっているうちに、 …

桂枝雀(二代目)煮売屋

■桂枝雀(二代目)春風屋

年が明けてめでたいことじゃ。こんな時には酒に限る。ちらちら降り出したな、雪見酒。 …

■桂枝雀(二代目)延陽伯(たらちね)

あらすじ 長屋の世話好きな大家さんが、店子の八つあん(八五郎)に嫁の話をもちかけ …

桂枝雀(二代目)九日目

あらすじ あちらこちらに声をかけ「何か手伝いは?」用事を言い付かってその日を暮ら …

桂枝雀(二代目)スビバセンおじさん

ショートショートで、おじさんへの質問とその答えでなる。 おじさんは雲を食べるとい …

■桂枝雀(二代目)胴乱の幸助(どうらんの幸助)

胴乱の幸助(どうらんのこうすけ)は上方落語の演目の一つ。 浄瑠璃(義太夫節)の素 …

三遊亭圓遊(四代目)古手買い(ふるてがい)

「熊さん!」 「源さんか、入りなよ」 「驚いちゃった。おカミさんと食事をしていた …

古今亭今輔(五代目)思い出

桂文枝(五代目)喧嘩長屋

ある長屋で、夫婦原喧嘩が始まる。 これがとてつもない喧嘩で、長屋連中も巻き込んで …

柳家金語楼/喧嘩長屋

帰って来た亭主相手に「殺せ、叩き殺せ」いつもの喧嘩が始まった。 死ぬの生きるのと …

三遊亭円歌(二代目)木炭車

桂枝雀(二代目)権兵衛狸

あらすじ 王子の在に権兵衛さんという独り者が住んでいた。 近所の若者が権兵衛さん …

橘家圓蔵(七代目)締め込み

橘家圓蔵(七代目)按摩小僧(あんま小僧)

橘家圓蔵(七代目)映画の穴

プロフィール 7代目橘家圓蔵(7だいめ たちばなや えんぞう、1902年3月23 …

柳亭痴楽(四代目)新聞記事(阿弥陀池)

『新聞記事』(しんぶんきじ)・『阿弥陀池』(あみだいけ・あみだがいけ)は古典落語 …