【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目)道灌

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …

三遊亭金馬(三代目)高野違い

三遊亭金馬(三代目)紀州

三遊亭圓生(六代目)紀州

https://youtu.be/jp3FgDF8CVE 紀州(きしゅう)は古典 …

桂文治(九代目)大蔵次官

1964年11月10日録音 どこでどんな吉運が待ち受けているか分からない。掛け持 …

古今亭志ん生(五代目)紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。 原話は、松浦静山が文政4年(1821年 …

桂文治(九代目)紀州

  2019/10/13    桂文治(九代目)

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。原話は、松浦静山が文政4年(1821年) …

春風亭柳好(三代目)羽織の遊び

桂文治(九代目)宇治大納言

歌舞伎のルーツは、出雲阿国(いずものおくに 1572~没年不明)とされています。 …

入船亭扇橋(九代目)応挙の幽霊

あらすじ 古道具屋が安く仕入れた幽霊の掛け軸を、訪ねて来たお得意の旦那に10両で …

三遊亭円歌(二代目)応挙の幽霊

書画骨とう屋が一人で酒を飲んでいる。そこへ旦那がやってきたので、骨とう屋は、旦那 …

桂文楽(八代目)やかん泥

あらすじ 泥棒の新米さん、ガス灯がついて戸締りがしていない建物を西洋館と間違えて …

古今亭志ん朝/三軒長屋

  2019/09/22    古今亭志ん朝

あらすじ 三軒長屋の両端に鳶の頭と剣術の楠木先生、真ん中には質屋の妾が住んでいる …

三遊亭百生(二代目)崇徳院

恋患い~この病気から噺が始まる。 熊さんの出入りの大店の若旦那が病気になり、小さ …

古今亭志ん朝/崇徳院

  2019/09/22    古今亭志ん朝

あらすじ 若だんながこのところ患いつき、飯も喉に通らないありさまで衰弱するばかり …

桂三木助(三代目)崇徳院

元々は上方落語の演目で、後に東京でも口演されるようになった。 『崇徳院』は、小倉 …

三遊亭円歌(二代目)トラタク

三遊亭円歌(二代目)大出来大当り

古今亭志ん生(五代目)千早振る(ちはやふる)

『千早振る』(ちはやぶる / ちはやふる)は、古典落語の演目の一つ。 別題は『百 …

柳家小さん(五代目) 千早振る(ちはやふる)

『千早振る』(ちはやぶる / ちはやふる)は、古典落語の演目の一つ。 別題は『百 …

柳家小さん(三代目) 千早振る(ちはやふる)

あらすじ 百人一首を覚え始めた娘から「千早振る神代も聞かず竜田川からくれないに水 …

■三遊亭小遊三/千早振る(ちはやふる)

古今亭志ん朝/大工調べ

  2019/09/22    古今亭志ん朝

あらすじ 大工の与太郎は、住んでいる長屋の家賃を滞納していたために、大家から商売 …

春風亭柳橋(六代目)支那そば屋(うどん屋改作)

落語 「支那そば屋」 春風亭柳橋(六代目) うどん屋の改作大正3年の二代目柳家つ …

三笑亭可楽(八代目)うどん屋

あらすじ 酔っ払いが鼻歌に合わせて、うどん屋の屋台を揺らして倒れそうになった。 …

柳家喬太郎/うどん屋

  2019/09/15    柳家喬太郎

あらすじ 江戸の夜、市中を流して歩いていたのが「うどんや」さん。 大勢の客に当た …

■柳家小さん(五代目)うどん屋

柳家小さん 十八番「うどん屋」。 まくらは、くずや、そば屋の小声で呼ばれたほうが …

立川談志/ずっこけ

あらすじ 飲み屋が店をしまう時間なのに、熊さんは酔っ払って動こうとしない。 店の …

桂文朝/居酒屋

  2019/09/15    桂文朝 ,

三遊亭金馬(三代目)居酒屋