【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目)てれすこ

三遊亭金馬(三代目)てれすこ

てれすことは、落語の演目の一つで、そのストーリーに登場する架空の生物の種名。魚類 …

八代目 橘家圓蔵(月の家圓鏡)反対俥(はんたいぐるま)

音源:1975年(昭和50年)9月

鈴々舎馬風(四代目)暑さに負けるな

音源:1960年(昭和35年)8月10日

■桂枝雀(二代目)仔猫

あらすじ おなべという女子衆(下女)が勤めにやってくる。器量は良くないのだが働き …

■桂枝雀(二代目)持参金

持参金(じさんきん)は、落語の演目の一つ。落語によくある、結婚がらみの話ではある …

桂文枝(五代目)牛ほめ

桂枝雀(二代目)不精の代参

不精の代参(ぶしょうのだいさん)は上方落語の演目の一つ。 3代目桂米朝、2代目桂 …

三遊亭金馬(三代目)浮世根問

浮世根問(うきよねどい)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目である。 原 …

立川談志/浮世根問

  2019/06/30    立川談志

柳家小さん(五代目) 浮世根問

浮世根問(うきよねどい)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目である。原話 …

春風亭柳好(四代目)牛ほめ

あらすじ 与太郎さんがお父さんに呼ばれて、小石川の佐兵衛・伯父さんの所に家見舞い …

■桂枝雀(二代目)軒づけ

あらすじ 根っからの浄瑠璃好きな男が、浚いの会で「忠臣蔵」の四段目を語ったが大失 …

■桂枝雀(二代目)日和違い(日和ちがい)

あらすじ ある男が、出かけるにあたり雨に降られたら困る、というので天気はどうか、 …

桂枝雀(二代目)あくびの稽古(あくび指南)

『あくび指南』とは古典落語の演目の一つである。主な噺家は柳家小せんなどがいる。

桂枝雀(二代目)親子酒

親子酒(おやこざけ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は上方の初代露の五郎兵衛が宝 …

桂枝雀(二代目)次の御用日

次の御用日(つぎのごようび)は上方落語の演目の一つ。 江戸落語では「しゃっくり政 …

桂枝雀(二代目)雨乞い源兵衛

雨乞い源兵衛(あまごいげんべえ)は、上方落語の演目の一つ。 大阪市生まれの落語作 …

柳家喬太郎/錦木検校(にしきぎけんぎょう)

  2019/06/24    柳家喬太郎

あらすじ 大名・酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)が末子、格三郎が父親に疎んじられ下 …

桂枝雀(二代目)うなぎや

あらすじ 新しく開業した鰻屋の主人が、上手に鰻を捌けないどころかつかむこともでき …

古今亭圓菊(二代目)たらちね(垂乳女)

#垂乳根 #延陽伯

三遊亭金馬(三代目)垂乳女(たらちね)

あらすじ 独り者の八五郎のところに、大家の世話で、言葉の丁寧すぎるお嫁さんが来る …

■三遊亭圓楽(五代目)垂乳女たらちね(延陽伯)

たらちねは江戸落語の演目の一つである。漢字表記は『垂乳女』。 上方落語で『延陽伯 …

立川談志/垂乳女たらちね(延陽伯)

たらちねは江戸落語の演目の一つである。漢字表記は『垂乳女』。 上方落語で『延陽伯 …

古今亭志ん生(五代目)後生鰻

あらすじ さる大家の主人、すでにせがれに家督を譲って隠居の身だが、これが大変な信 …

三遊亭小圓朝(三代目)後生鰻

■桂歌丸/後生鰻

桂歌丸(かつら うたまる、1936年〈昭和11年〉8月14日 – 2 …

桂枝雀(二代目)千両みかん(千両蜜柑)

千両蜜柑(せんりょうみかん)は、古典落語の演目。 原話は、明和9年(1772年) …

■桂枝雀(二代目)皿屋敷(お菊の皿)

あらすじ 播州赤穂城下の怪奇譚に、有名な皿屋敷というのがあった。 その昔、青山鉄 …

桂枝雀(二代目)地獄八景亡者戯

『地獄八景亡者戯』(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)は、上方落語の演目の一つで …