【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目)仙台高尾

三遊亭圓生(六代目)仙台高尾

桂春蝶(二代目)昭和任侠伝

高倉健さんが及ぼす影響は落語にもありました。 桂春蝶(二代目)の新作落語。どうぞ …

雷門助六(八代目)仕立ておろし

へべれけに酔っぱらった男が、滔々と女房の愚痴をこぼす。えらいものを生け捕りました …

柳亭痴楽(四代目)隅田川

昭和40年7月録音(1965年) 永井荷風の小説をもとにした柳亭痴楽(四代目)の …

古今亭志ん生(五代目)親子酒

親子酒(おやこざけ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は上方の初代露の五郎兵衛が宝 …

柳家小さん(五代目)親子酒

親子酒(おやこざけ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は上方の初代露の五郎兵衛が宝 …

桂枝雀(二代目)親子酒

親子酒(おやこざけ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は上方の初代露の五郎兵衛が宝 …

古今亭志ん生(五代目)亭主関白(別題:替わり目/元帳)

別題:替わり目/元帳 SP盤歴史的音源 もとは『替わり目』というサゲからつけた題 …

古今亭志ん生(五代目)替り目

「大将、俥(くるま)差し上げましょうか」 「お前はそんなに力があるのか」 「いえ …

桂枝雀(二代目)替り目

あらすじ ぐでんぐでんに酔っぱらって、夜中に帰ってきた亭主。 途中で車屋をからか …

三遊亭圓楽(五代目)芝浜

プロフィール 5代目三遊亭 圓楽(さんゆうてい えんらく、1932年12月29日 …

三遊亭圓楽(五代目)悋気の火の玉

花川戸に橘屋さんという鼻緒問屋があった。ご主人が堅い人で女遊びをしたことが無いと …

三遊亭圓楽(五代目)死神

三遊亭圓楽(五代目)長命(短命)

本来は「短命」という演題だが、縁起をかついで「長命」ともいう。 「肥がめ」では汚 …

三遊亭圓楽(五代目)町内の若い衆

  あらすじ 大工の八五郎が御店(おたな)の家のそばを通りかかったので …

三遊亭圓楽(五代目) 五目講釈(鮫講釈)

三遊亭圓楽(五代目) 浜野矩隨(はまののりゆき)

あらすじ 江戸は寛政年間、浜野矩康(のりやす)という腰元彫りの名人がいた。 その …

■三遊亭圓楽(五代目) 阿武松(おうのまつ)

あらすじ 京橋観世新道に住む武隈文右衛門という幕内関取の所に、名主の紹介状を持っ …

■三遊亭圓楽(五代目)花見の仇討

■三遊亭圓楽(五代目)垂乳女たらちね(延陽伯)

たらちねは江戸落語の演目の一つである。漢字表記は『垂乳女』。 上方落語で『延陽伯 …

【リレー落語】三遊亭圓楽~立川談志【お化け長屋】

三遊亭圓楽(五代目)たがや

あらすじ 花火客でごった返す川開きの両国橋を通りかかった「たがや」(桶屋)が、人 …

三遊亭圓楽(五代目)宮戸川 (お花半七馴れ初め)

解説 宮戸川という川は、現在の隅田川の一部に相当する。 隅田川の浅草周辺流域が、 …

古今亭志ん朝/二十四孝

  2019/10/27    古今亭志ん朝

長屋の乱暴者の職人、三日にあけずにけんか騒ぎをやらかすので、大家も頭が痛い。 今 …

立川談志/二十四孝(にじゅうしこう)

  2019/10/27    立川談志

『二十四孝』とは、古典落語の演目の一つである。主な噺家は桂文治 (10代目)など …

三遊亭金馬(三代目)二十四孝(にじゅうしこう)

あらすじ 江戸のとある町に住む男(八五郎)は、たいへんな大酒飲みで、また同居して …

春風亭柳枝(八代目)二人癖(ににんぐせ・のめる

三遊亭金馬(三代目)二人癖(ににんぐせ・のめる)

ににんぐせ 一方はどんな話をしていてもすぐ「つまらねぇ」と言いだす男。もう一方の …

桂米朝(三代目)二人癖(ににんぐせ・のめる)

「一杯飲める」というのが口癖の男と「つまらん」というのが口癖の男。2人はお互いの …