【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)お富与三郎~与話情浮名横櫛(島抜け)

美男美女に生まれて災いを残しましたお富と与三郎。木更津の親分赤間源左衛門の妾・お …

桂枝雀

桂枝雀(二代目)あくびの稽古(あくび指南)

『あくび指南』とは古典落語の演目の一つである。主な噺家は柳家小せんなどがいる。

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)あくび指南

町内の、もと医者が住んでいた空家に、最近変わった看板がかけられた。墨黒々と「あく …

relay_rakugo

【親子リレー落語】 古今亭志ん生・志ん朝・金原亭馬生 【富久】

親子三人による、貴重なリレー落語です。 データ 昭和33年(1958年)録音。 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo

古今亭志ん生(五代目)あくび指南(あくびの稽古)

『釣り指南』『小言指南』など指南物の一つ。 志ん生は、ホール落語にはかけなかった …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)富久

古今亭志ん朝sintyo

古今亭志ん朝 富久

  2018/07/14    古今亭志ん朝

あらすじ 夜半日本橋横山町の元の旦那越後屋さんが火事だという。急いで駆けつけると …

志ん生74歳sinshokokon

古今亭志ん生(五代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

三笑亭可楽(八代目)karaku

三笑亭可楽(八代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

桂文楽(八代目)katurabunraku

■桂文楽(八代目)富久

あらすじ 久蔵は腕の良い幇間だが、酒癖が悪くて贔屓をみんなしくじって、日本橋の竈 …

桂枝雀sijakusijyaku

桂枝雀(二代目)高津の富(宿屋の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

志ん生74歳sinshokokon

古今亭志ん生(五代目)宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)宿屋の富(高津の富)

古今亭志ん朝sintyo

古今亭志ん朝 宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

三遊亭円歌(二代目)enka

三遊亭円歌(二代目)応挙の幽霊

書画骨とう屋が一人で酒を飲んでいる。そこへ旦那がやってきたので、骨とう屋は、旦那 …

入船亭扇橋(九代目)irifuneteisenjyo

入船亭扇橋(九代目)応挙の幽霊

あらすじ 古道具屋が安く仕入れた幽霊の掛け軸を、訪ねて来たお得意の旦那に10両で …

林家彦六(八代目 林家正蔵)hikoroku hayasiyasyouzou

林家彦六(八代目 林家正蔵)永代橋

御徒町の古着屋の太兵衛と同居している武兵衛は二人ともそそっかしい。 祭り好きな武 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo

三遊亭圓生(六代目)永代橋(武兵衛ちがい)

江戸期から高座にかかる生粋の江戸落語なのですが、現代では、あまり高座にかからない …

志ん生sinsyo

古今亭志ん生(五代目)江島屋騒動(えじまやそうどう)

あらすじ 深川の佐賀町に住む、倉岡元庵と言う医者が亡くなった。 残された女房のお …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)そば清(蛇含草)

古今亭志ん朝sintyo

■古今亭志ん朝 そば清(蛇含草)

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)白ざつま(菊江の仏壇)

菊江の仏壇(きくえのぶつだん)上方では菊江仏壇(きくえぶつだん)は古典落語の演目 …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)大坂屋花鳥

江戸、番町に梅津長門という400石の旗本がいた。 無役でやる事もなく長屋も持って …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)お見立て

お見立て(おみたて)は古典落語の演目の一つ。主に東京で演じられる。別題は墓違い( …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …

桂文楽(八代目)katurabunraku

■桂文楽(八代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

■金原亭馬生(十代目)鰍沢

おやじの骨を身延山に納めるため、参詣かたがたはるばる江戸からやってきた新助。 帰 …

志ん生sinsyo

■古今亭志ん生(五代目)鰍沢(かじかざわ)映像に残された志ん生の最後の一席

★映像に残された志ん生の最後の一席 志ん生は落語協会会長だった71歳の時に脳出血 …

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

金原亭馬生(十代目)うどん屋

金原亭馬生(十代目)kingenteibasyo

■金原亭馬生(十代目)崇徳院

『崇徳院』(すとくいん)は、古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、後に東 …