【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

ぴろき ギタレレ漫談 明るく陽気に行きましょう♪

   

Sponsored Link

Sponsored Link

プロフィール

ぴろき(1964年1月1日 – )は、落語芸術協会・漫才協会に所属するお笑い芸人。
本名は佐藤浩樹(さとうひろき)、岡山県浅口郡里庄町出身。

一時漫才コンビを組んでいたが、現在はピン芸人として寄席を中心に活動している。
頭のてっぺんで髪を丁髷の様に結い、丸眼鏡・フリルのブラウス・蝶ネクタイ・幅広のズボンという出で立ちで、ギタレレ(ウクレレより弦が2本多い、6弦ウクレレ)を弾きながら自虐ネタ漫談を披露する。

経歴
1986年 – 東八郎主宰の「笑塾」に入門。同塾出身者には桂米多朗、山崎まさや、すず風金魚、斎藤哲也などがいる。
1988年 – 東八郎急逝により塾が閉鎖。浅草ロック座の専属コメディアンとなる[2]。
1989年 – 漫才協会に入会、漫才コンビ「カッポラポッケ」を結成。
1994年 – トークと風船芸を交えた独自のジャンルを確立。
1997年 – 現在のギタレレ漫談の芸風を確立。
2003年 – ギタレレ漫談家として落語芸術協会に入会。

ネタ
少ない頭髪のうち、頭頂部を縛りあげた独特のヘアスタイル。ずんぐりむっくりした体型で、ズボンのベルトは異様に高い位置で締めている。
登場時に風貌で客が笑ったのを確認し「何か問題ありますかね?」と問いかける。

ネタはいわば「自虐漫談」。ひどい目に遭ったエピソードや、間の抜けた話を、ギタレレをつま弾きながら、かんで含めるように話す。

オチのあと、「ヒッヒッヒッヒ…」と品のない笑い方をして客の笑いを誘い、「明るく陽気に行きましょう。」と歌ってひとネタを締めくくる。ステージではこれを何度か繰り返す。

「○○しました。」を「○○しましましました。」などと言って笑いをとることもある。

ワンステージ最後に
「つらくなったとき、苦しいとき、ボクの顔を思い出してください。何の役にも立ちません!」などと言って降壇。「何があってもくじけずに…」から始まる歌を歌うこともある。

舞台からはける直前、ギタレレの高い音を出してもうひと笑い起こす。

Sponsored Link

 - 漫才 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■コント・レオナルド 風見鶏(昭和58年)※貴重映像

プロフィール コント・レオナルドは、レオナルド熊が率いた日本のコントコンビ。 レ …

【漫才】東京丸・京平 歌って踊れるアイドルが好き
ぴろき 笑撃ギタレレ漫談2

明るく陽気に行きましょう~♪

■コント55号  野鳥の会
【漫才】横山エンタツ・花菱アチャコ 早慶戦

プロフィール 横山エンタツ 本名=石田正見 明治29(1896)年4月22日~昭 …

■【漫才】中田ダイマル・ラケット(1979)

お笑いネットワーク 昭和54年7月放送

■Wけんじ【秋です問答】
綾小路きみまろ  爆笑!スーパーミニライブ

【落語チャンネル】ネット寄席 番外編 綾小路きみまろ 爆笑ミニライブ

【漫才】横山エンタツ・花菱アチャコ【親と子】
【漫才】 ミスワカサ・島ひろし 子供時代

1952年録音・歴史的音源