【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目) 初音の鼓

      2014/10/15

Sponsored Link

あらすじ

さる殿様のお城に使える三太夫は、来る度に殿に胡散臭いものを売りつける古商人の吉兵衛のことが気に入らないでいる。
すると、そこへその吉兵衛が懲りずにやってきて、今度は「初音の鼓」という品を持ってきたという。

初音の鼓といえば、源九郎狐の親の雄狐雌狐の皮が張られており、源義経が静御前に与えたとされる本物であれば何百金にもなる由緒正しい品であるのだが、今までの例から考えても三太夫はどうも本物とは思いがたい。
そこで吉兵衛に聞いたところ、「正真正銘本物の…贋物でございます」と答え、これを本物だと思い込ませるために三太夫に一芝居打ってもらうよう頼み込む。

その内容というのは、初音の鼓には「『ポン』と一つ打つと、傍らにいるものに狐が乗り移り『コンッ』と鳴く」というものであり、もしやってくれるのであれば1回鳴くごとに1両さしあげることにすると三太夫は意外にも承諾する。

さて、そんなわけで殿のところへこれを持っていき、三太夫が一芝居打ったことで殿は本物だと確信し、100両で買うことを約束する。
だが、その前に吉兵衛が鼓を打って自分にも狐が乗り移るかやってみてくれと頼まれたため、吉兵衛は焦りを覚える。
ところがいざ吉兵衛が鼓を打ってみると殿が「コンッ」と鳴いたのである。

その後、何度打っても殿が鳴くため、この鼓は贋物だと思っていたが本物だったのかと感動すると同時に今までの自分の行いに恥ずかしさを覚える。
と、それはさておき肝心のお勘定をしてもらうと、殿からもらった包みには1両しか入っていない。

吉兵衛がお代は100両だと確認をすると、殿は

「よいのじゃ。余と三太夫の分の鳴き賃が差し引いてある」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■三遊亭圓生(六代目) ねずみ穴(鼠穴)

川柳川柳が落語家になろうと師匠と決めた縁の一席でございます。 あらすじ 亡くなっ …

三遊亭圓生(六代目) 御神酒徳利(占い八百屋)

御神酒徳利(おみきどっくり)は、落語の演目の一つ。 中国、トルコなどにも類似の民 …

三遊亭圓生(六代目) ちきり伊勢屋

易者の白井左近は易が上手く、知人の旗本中川右馬之丞の災難を予言して一命を助けたこ …

三遊亭圓生(六代目)突き落とし(上方版~棟梁の遊び)

文化年間(1804~18)から伝わる江戸廓噺。原話不詳。 大正期には、初代柳家小 …

三遊亭圓生(六代目)両国八景
三遊亭圓生(六代目) 佐々木政談(池田大助)

あらすじ 嘉永年間に南の町奉行へ、佐々木信濃守と言う方が職につきましたが、調べの …

■三遊亭圓生(六代目)火事息子

あらすじ 神田の質屋の若旦那は子供の頃から火事が大好きで、火消しになりたくて頭の …

三遊亭圓生(六代目) 代脈

<代脈(だいみゃく)は、古典落語の演目の一つ。原話は、元禄10年(1697 …

三遊亭圓生(六代目)吉住万蔵(よしずみまんぞう)

  四代目邑井貞吉(むらいていきち)からこの人情話を教わり、サゲをつけて高座にか …

三遊亭圓生(六代目)相撲風景