【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■三遊亭圓生(六代目) 妾馬(八五郎出世)

      2014/06/25

Sponsored Link


八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。
別題は『妾馬』(めかうま)。
主な演者として、5代目古今亭志ん生や3代目古今亭志ん朝、10代目金原亭馬生、6代目三遊亭圓生、上方では桂文太などがいる。

圓生の「八五郎出世」
六代目三遊亭圓生は、この演目で、
「古典落語は単に笑わすのじゃなくて泣かすことも大事なのだ。」ということを悟り、新しい芸の境地を開拓したと述懐している。
終戦後、満洲から帰国した圓生は落語研究会でこの噺を演じて絶賛を博しえそれまで勝つことのできなかった春風亭柳橋を打ち負かした。
ここに「昭和の名人」への第一歩が始まったという。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)粥やろう(かいやろう)

『粥やろう』は古典落語の演目のひとつ。上方ばなし。「国太夫節」とも。「国太夫節」 …

三遊亭圓生(六代目) 文七元結

あらすじ 左官の長兵衛は、腕は立つのだが、無類のばくち好きが高じて、仕事もせずに …

三遊亭圓生(六代目)猫怪談

あらすじ 深川蛤町の裏長屋に与太郎が住んでいたが、育ての親の親父が死んでしまった …

三遊亭圓生(六代目) 代脈

<代脈(だいみゃく)は、古典落語の演目の一つ。原話は、元禄10年(1697 …

■三遊亭圓生(六代目)品川心中
■三遊亭圓生(六代目) 盃の殿様

あらすじ 西国から参勤交代で江戸にやってきたあるお大名。 ここのところ、過労もあ …

三遊亭圓生(六代目) 近江八景

近江八景(おうみはっけい)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、安永10年(178 …

三遊亭圓生(六代目)樟脳玉(しょうのうだま)

あらすじ お人良しで気が弱く、正直者で愛妻家の捻兵衛(ねじべえ)さんが、女房に先 …

八九升(はっくしょう) 放送禁止落語

八九升(はっくしょう)は、古典落語の演目の一つ。 わかりやすい、典型的な滑稽噺で …

三遊亭圓生(六代目)真景累ヶ淵【完全版】

00:00:00 宗悦殺し 01:05:56 深見新五郎 02:04:38 豊志 …