【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■柳家小さん(五代目) 禁酒番屋

      2014/06/09

Sponsored Link

禁酒番屋(きんしゅばんや)は古典落語の演目の一つ。
元々は『禁酒関所』という上方落語の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。
主な演者には、5代目柳家小さんや8代目三笑亭可楽、5代目鈴々舎馬風、10代目柳家小三治、上方では4代目林家小染、6代目笑福亭松喬などがいる。

あらすじ

きっかけは、とある武家の家中の事件。
『月見の宴』というものの最中、泥酔した二人のお侍がチャンバラを始め、一人がもう片方をバッサリ。
斬った方はそのまま帰って酔いつぶれ寝込んでしまったが、翌朝目覚めて我に返るや、
「主君に申し訳ない」とこちらも切腹をしてしまった。

その話を聞いた主君、
「酒が災いしての無益な斬り合い、何とも嘆かわしい事じゃ。今後、わが藩では藩士が酒を飲む事を禁ずる。余も飲まぬからみなも飲むな」。

殿様自ら『余も飲まぬ』とのお達しがあれば、藩士一同否応なく禁酒するしかない。
こうして家中一党禁酒、となったが……何しろものが酒である。
そう簡単にやめられるわけがない。

なかなか禁令が行き届かず、隠れてチビリチビリやる者が続出。
また騒動になることを恐れた重役が会議をした結果、屋敷の門に番屋を設け、出入りの商人の持ち込む物まで厳しく取り締まる事になった。
人呼んで「禁酒番屋」。

近藤の注文

番屋ができてしばしのち……家中の侍でも大酒飲みの筆頭である近藤、酒屋にやって来てグイッと一気に三升。
『禁酒なんど糞くらえ』で、すっかりいい心持ち。

「いい酒であった。小屋でも飲みたいから、今晩中に一升届けてくれ」っと帰ってしまった。
太い奴もいたものである。

もとより上得意、亭主も無下には断れないが、近藤の長屋は武家屋敷の門内、配達が露見すれば酒屋は営業停止もの。
しかも入口には例の「禁酒番屋」が控えている。どうやれば突破できるのか……

突破失敗また失敗

亭主が頭を抱えていると、小僧の定吉、恐る恐る手を上げる。

「正直に酒徳利を持って関所を通ろうとしたら止められます。菓子屋の梅月堂で南蛮菓子のカステラを売り出したとか。そいつに見せかけたらどうです」
もとよりお菓子は御法度の外である。

酒屋ではカステラを買ってきて中身を抜き、五合徳利を二本、菓子折りに詰めてきれいに包装する。定吉、菓子屋の小僧に衣装を借りて禁酒番屋へ……
「お頼み申します」
「通れ……そのほうは何じゃ?」
「向こう横丁の菓子屋です。近藤様に、カステラのお届け」

近藤は家中屈指のウワバミ、そこに菓子屋からカステラ……
あ奴いつ甘党になった、おかしい、と指摘する番人もいたが、『進物の菓子』を止める理由もない。

「よし、通れ」ということになった、ところまでは良かったが……
「有難うございます……ドッコイショ!」
「待てい!! 菓子折り一つで『どっこいしょ』とは何だ!?」

抗議の声も聞かばこそ、折りを改められて「この徳利は何じゃ?」。
「えー、それはその、先ごろ出ました、『水カステラ』という新製品で……」
「たわけたことを申すな! そこに控えおれ。中身を改める」
一升すっかり飲まれてしまった。

「かようなカステラがあるか。この偽り者!!」飲まれて追い出され、見事に失敗。
カステラで失敗したので、今度は油だとごまかそうとしたが、これも失敗。
酒屋から酒を巻き上げた番屋の藩士、もとより酒は嫌いでない。
「次はどうやって来るだろう」と待ち構えているから酷い話で……

酒屋の逆襲

都合二升もただでのまれ、酒屋の一同は怒り心頭に発した。店の若い衆、
「この際突破は諦めて、仕返ししてやりましょうや」
「どうする」
「番屋の連中に小便を飲ませます」
「小便?飲むか!?」
「初めから『小便です』と言えばいい。
嘘はついてないでしょう」話は決まった。

店の一同、大徳利を取り囲んでジャァジャァ……
「お頼み申します!」
「とォ~れェィ!」
番人たち、もうベロベロに酔っていて、何を言っているんだがわからない。

「向こう横丁の植木屋でございます、近藤様が植木の肥やしにする……との事で、『小便』のご注文で……」
内心『また呑める!』とほくそ笑む番人、
「馬鹿ァ!! 出せ!!」と徳利を供出させる。

「おお、これはまた、ヒック……ぬる燗がついておるな……まったくけしからん……小便などと偽って……」徳利の中身を湯飲みに注ぐ。

「……だいぶ黄色い……古酒だな。それも、またよし……まったく、けしからんな……」
おもむろに一口……ぶーっと吹き出す。

「ウグッ!? これは小便ではないか! 何とけしからん奴だ!! かような物を持参しおって!」
「ですから、初めに小便と申し上げました」
「うーん……あの、ここな……正直者めが」

攻防戦の演出

「酒を売りたい」と思う『酒屋』と、「何とか阻止したい(表向き)」「役目と称して酒が飲みたい(本心)」と思う『禁酒番屋』……。
この両者の攻防を、いろいろな噺家が面白おかしく演出してきた。
例えば、上記のあらすじでも採用した、
「手代が思わず『ドッコイショ』と言ってしまい、怪しまれてしまう」
演出は5代目柳家小さんが採用したもの。

また、以前は『小石川新坂の安藤という旗本屋敷』と限定されていた「禁酒する藩」を、ぼやかして演じたのも五代目の演出である。

Sponsored Link

 - 柳家小さん(五代目) ,

[PR]

Comment

  1. 桂小金治さん御逝去 アフタヌーンショーの御意見番 追悼落語 禁酒番屋 より:

    […] 禁酒番屋(きんしゅばんや)は古典落語の演目の一つ。元々は『禁酒関所』という上方落語の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。 主な演者には、5代目柳家小さんや8代目三笑亭可楽、5代目鈴々舎馬風、10代目柳家小三治、上方では4代目林家小染、6代目笑福亭松喬などがいる。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■柳家小さん(五代目) にらみ返し(睨み返し)

にらみ返し(にらみかえし)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、安永6年(1777 …

柳家小さん(五代目) 真田小僧

親父が小遣いをくれないので 「よそのおじさんが訪ねて来た話をすれば、母ちゃんから …

■柳家小さん(五代目) 一目上がり(ひとめあがり)

あらすじ 新年の挨拶に訪れた八つぁんは隠居の家にある掛け軸に目がいった。 「雪折 …

■柳家小さん(五代目) 三軒長屋
■柳家小さん(五代目) うどん屋

柳家小さん 十八番「うどん屋」。 まくらは、くずや、そば屋の小声で呼ばれたほうが …

柳家小さん(五代目) 浮世根問

浮世根問(うきよねどい)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目である。原話 …

柳家小さん(五代目) 万金丹*

●あらすじ 江戸を食い詰めた梅吉と初五郎の二人連れ。 道中で路銀が底をつき、水ば …

柳家小さん(五代目)長短
柳家小さん(五代目)二人旅

解説 道中のなぞ掛け、都々逸を付けたのは四代目小さんの工夫で、上方の「野辺歌」の …

■柳家小さん(五代目) 短命(長命)