【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家小さん(五代目) 藪医者

      2014/06/01

Sponsored Link

はやらない藪医者先生。
あまりにも患者が来ないので考えたあげくに、奉公人の権助をサクラに使うことを思いつきます。
権助に玄関前で患者の使いのふりをさせて「こちらの先生はご名医という評判で……」と大声を張り上げれば、評判が立つだろうという計画。

正直な田舎者の権助は、この策略のせいで間違って患者が来たら可哀そうだと気乗りしませんが、芝居をすることになりました。
「お~頼み申しますでのう~」
玄関先で大声をはりあげる権助に医者は
「これはこれは、いずれから」と応対しますが……

Sponsored Link

 - 柳家小さん(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家小さん(五代目) 提灯屋

提灯屋(ちょうちんや)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、3代目三遊 …

柳家小さん(五代目)真二つ(まっぷたつ)

山田洋次監督作 新作落語・創作落語

■柳家小さん(五代目) まんじゅうこわい(饅頭怖い)

まんじゅうこわいは、落語の演目の一つ。落語の中では「寿限無」や「目黒のさんま」に …

柳家小さん(五代目)長短
柳家小さん(五代目) 粗忽の釘*

5代目柳家 小さん(やなぎや こさん、1915年〈大正4年〉1月2日 &#821 …

柳家小さん(五代目) 試し酒

試し酒(ためしざけ)は、落語の演目。 落語研究家の今村信雄(1894年-1959 …

柳家小さん(五代目)時そば(時蕎麦)

  あらすじ・解説 江戸時代の時刻は、一時とか五時とか言わずに、四つと …

柳家小さん(五代目)二人旅

解説 道中のなぞ掛け、都々逸を付けたのは四代目小さんの工夫で、上方の「野辺歌」の …

■柳家小さん(五代目) にらみ返し(睨み返し)

にらみ返し(にらみかえし)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、安永6年(1777 …

柳家小さん(五代目) 浮世根問

浮世根問(うきよねどい)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目である。原話 …