【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家小さん(五代目) 万金丹*

      2014/06/09

Sponsored Link

●あらすじ
江戸を食い詰めた梅吉と初五郎の二人連れ。
道中で路銀が底をつき、水ばかり飲んで腹は大シケという、餓死寸前の大ピンチ。
とある古寺に、地獄にホトケとばかり転がり込む。

いざとなればタコの代わりくらいにはなるから、坊主でも食っちまおう、というひどい料簡。
やっと食い物にありついたと思ったら、先代住職の祥月命日とやらで、精進物(しょうじんもの)の赤土と藁(わら)入り雑炊を食わされる。

これで左官をのみゃあ、腹ん中に壁ができらァという大騒ぎの末、同情した和尚の勧めで、先の当てもないこともあり、しぶしぶ出家して、この寺に居候同然の身とはなった。

梅坊、初坊と名を変えた二人、ひっきりなしにこき使われ、飲酒も女郎買いも厳禁というひどい境遇に、はや不満たらたら。
その折も折、和尚が京都の本山に出張で、一月は帰れないという。
留守番を頼まれた梅と初、さあこの時とばかり、

「それ酒だ」
「網がねえから麻衣で鯉をとってこい」
「金がなきゃァ阿弥陀さまから何から一切合切 売っ払っちまえ」
というわけで、飲めや歌えのドンチャン騒ぎをし始める。
そこへやって来たのが檀家(だんか)の衆。

近在の大金持ち、万屋(よろずや)の金兵衛が死んだので「葬式をお願え申してェ」と言う。
「どうしよう、兄貴、経も読めねえのに」「なに、かまうこたァねえ。経なんざイロハニホヘトでゴマけて、どさくさに香典かっつァらってずらかっちめェ」

りっぱな坊主があったもので、香典目当てに金兵衛宅に乗り込んだ二人、さっそく怪しげな読経でケムにまく。
「いーろはーにほへと、富士の白雪ャノーエ、おてもやーん、チーン」
なんとかかんとか終わったはいいが、どうぞ戒名をいただきたいと言われて、さあ困った。

「何か字のあるものは…」と探すと、和尚の部屋を掃除していてたまたま見つけた薬の効能書き。
「あー、戒名、官許伊勢朝熊霊法万金丹」
「坊さま、こんな戒名聞いたことがねえ」

「なに、上等だ。ホトケのニンにあってらあな。棺の前で経を読むからカンキョ、生きてるときは威勢がいいが死んだら浅ましくなるから、イセイアサマ、死んだら幽霊になるから霊宝、おまけにホトケが万屋金兵衛だから万金だァ。何? 屋根から転がり落ちて死んだ? それならゴロゴロゴロゴロ落っこったんの丹だ。…リッパなカイミョウじゃねえか」

「それじゃあ、わきに白湯にて用うべしとあるのは何だね」

「このホトケはお茶湯をあげるにゃ及ばねえ」

Sponsored Link

 - 柳家小さん(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

柳家小さん(五代目) kosann
■柳家小さん(五代目) 三軒長屋
柳家小さん(五代目) kosann
柳家小さん(五代目) 提灯屋

提灯屋(ちょうちんや)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目で、3代目三遊 …

柳家小さん(五代目) kosann
柳家小さん(五代目) 看板のピン

Sponsored Link

柳家小さん(五代目) kosann
柳家小さん(五代目) 浮世根問

浮世根問(うきよねどい)は古典落語の演目の一つ。元々は上方落語の演目である。原話 …

柳家小さん(五代目) kosann
柳家小さん(五代目) 藪医者

はやらない藪医者先生。 あまりにも患者が来ないので考えたあげくに、奉公人の権助を …

柳家小さん(五代目) kosann
■柳家小さん(五代目) 長屋の花見(貧乏花見)

「貧乏花見は落語の演目。元々は上方落語の演目の一つである。江戸落語では「長屋の花 …

柳家小さん(五代目) kosann
柳家小さん(五代目)花見の仇討
柳家小さん(五代目) kosann
柳家小さん(五代目)親子酒

親子酒(おやこざけ)は、古典落語の演目の一つ。 原話は上方の初代露の五郎兵衛が宝 …

柳家小さん(五代目) kosann
■柳家小さん(五代目)狸賽(たぬさい・たぬき)
柳家小さん(五代目) kosann
■柳家小さん(五代目) 御慶(ぎょけい)

この三年この方、富くじに狂いっぱなしの八五郎。 外れても外れてもあきらめるどころ …