【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂米朝(三代目) 酒の粕

      2014/06/09

Sponsored Link

「喜ぃ公。赤い顔してるけどどないしたんや。」
「酒の粕くうたんや。美味しいもんやなぁ。二つも焼いてくうたんや。」
「なさけない奴やなぁ。いい年して酒の粕くうて赤い顔してるんか。酒飲んだといわんかい。」
「そうかい。酒の粕より酒飲んだほうが男らしいちゅうもんかい?」
「そうやがな。威勢がいいやろそのほうが。酒飲んだと、こないいい。」
「あっそうか。おおきになぁ。」
「芳っさん。」
「なんじゃい。」
「顔赤いやろ。」
「ほんにポッとしるなぁ。どないしてん?」
「酒飲んだんや。」
「ほぉ。お前も酒飲めるようになったんかい。ほなら今度誘ったるわなぁ。で、どれくらい飲んだんや?」
「こんなおおきなん二枚やがな。」
「なに。酒の粕くうたんやろ。」
「解るか?」
「解るがな。二枚てなこといやーなぁ。ええか、武蔵野で二杯やったとな、こういうたらええがな。」
「武蔵野ってなんや?」
「大杯、大盃のことや。東京の武蔵野ちゅうとこはな広い原っぱだ。“野を見渡せない”、“野を見切れない”てんでな
“野見切れない”から“飲みきれない”ってことでなぁ、武蔵野ってことになったんだ。」
「そうかいなぁ。」
「二枚じゃあかんでぇ。武蔵野で二杯飲んだっていうんやでぇ。」
「ああそうかなぁ。おせてもろて段々かしこなるなぁ。」
「辰つぁん。顔赤いやろ。」
「ほんに赤いなぁ。走ってきたんかい?」
「走ってきたんとちゃうねん。わい、酒飲んだんや。」
「へぇ。酒のめるようになったんかい?で、どのくらい飲んだんだい?」
「武蔵野に二杯飲んだんだ。」
「へぇ。武蔵野で二杯かい?そいつぁすげぇなぁ。で、冷で飲んだんじゃねぇだろな。冷は毒だよ。燗したのかい?」
「はぁ。焼いて飲んだんだぁ。」

最後まで酒の粕からはなれないようですな。

Sponsored Link

 - 桂米朝(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂米朝(三代目) 卯の日参り(せむし茶屋)

ある大家の旦那さんに出入りの髪結いが、住吉さんへ卯の日参りに誘う。 旦那には「せ …

■桂米朝(三代目)地獄八景亡者戯

『地獄八景亡者戯』(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)は、上方落語の演目の一つで …

■桂米朝(三代目) べかこ(べかこ鶏・べっかこう)

泥丹坊堅丸という地方まわりの上方の噺家。 肥前武雄の湯治場(温泉)で、たまたま逗 …

■桂米朝(三代目) 田楽喰い(ん廻し)

1983年(昭和58年)頃 国立演芸場 ん廻し(んまわし)は古典落語の演目の一つ …

桂米朝(三代目) はてなの茶碗(茶金)

はてなの茶碗(はてなのちゃわん)は、上方落語の演目の一つ。 東京では「茶金」の名 …

桂米朝(三代目)猫の茶碗

猫の皿(ねこのさら)は、落語の演目のひとつ。同題は主に東京落語で広く用いられ、こ …

桂米朝(三代目)焼き塩(泣き塩)

  泣き塩(なきしお)は、元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意 …

桂米朝(三代目)不精の代参

あらすじ 不精な男の家に朝早くから近所のある男がやって来る。 この無精な男と云う …

桂米朝(三代目) 京の茶漬け

京の茶漬け(きょうのちゃづけ)は、上方落語の演目の一つ。京の茶漬とも表記する。 …

桂米朝(三代目)東の旅(伊勢参宮神乃賑/口上・発端・煮売屋・七度狐)

⇒ コラム~伊勢参宮神乃賑(東の旅)について プロフィール 3代目桂 米朝(かつ …