【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂米朝(三代目) はてなの茶碗(茶金)

      2018/12/08

Sponsored Link

はてなの茶碗(はてなのちゃわん)は、上方落語の演目の一つ。
東京では「茶金」の名で演じられる。
三代目桂米朝が子供の頃にラジオから流れてくる二代目桂三木助の口演の記憶をもとに戦後復活させた。

★聴き比べ
⇒ 古今亭志ん生(五代目) はてなの茶碗(茶金)
⇒ 桂枝雀 はてなの茶碗

Sponsored Link

 - 桂米朝(三代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂米朝(三代目) 一文笛

※米朝作新作落語 あらすじ 今は足を洗ってカタギになっている兄貴分が弟分にも足を …

桂米朝(三代目)猫の茶碗

猫の皿(ねこのさら)は、落語の演目のひとつ。同題は主に東京落語で広く用いられ、こ …

■桂米朝(三代目) 近江八景

近江八景(おうみはっけい)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、安永10年(178 …

桂米朝(三代目) 珍品小咄集
■桂米朝(三代目) 矢橋船(やばせぶね)

『矢橋船』(やばせぶね)は上方落語の演目の一つ。 原話は不明。道中噺『伊勢参宮神 …

桂米朝(三代目)不精の代参

あらすじ 不精な男の家に朝早くから近所のある男がやって来る。 この無精な男と云う …

桂米朝(三代目)焼き塩(泣き塩)

  泣き塩(なきしお)は、元々は上方落語の演目で、3代目桂文団治が得意 …

桂米朝(三代目) 卯の日参り(せむし茶屋)

ある大家の旦那さんに出入りの髪結いが、住吉さんへ卯の日参りに誘う。 旦那には「せ …

■桂米朝(三代目) べかこ(べかこ鶏・べっかこう)

泥丹坊堅丸という地方まわりの上方の噺家。 肥前武雄の湯治場(温泉)で、たまたま逗 …

桂米朝(三代目) 犬の目

犬の目(いぬのめ)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年)に出版さ …