【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓丈(三代目) なんばん

      2014/06/09

Sponsored Link

なんばんは、三遊亭円丈による新作落語の演目。
2007年にネタ卸しをした近作であり、現在も得意演目の一つとしている。

▼あらすじ

義理の息子と父親(妻の父)が、食事する店を探す。息子は気を遣いながら、義理の父が気に入りそうな店を探すが、父はなにかと難癖をつける。

「無国籍料理」は赤木圭一郎が出てきそうだ、「うどんダイニング」は『うどん』と『ダイニング』が合わない、「パスタ」は「我々の時代はスパゲッティだった」…。

それでは、とカレー屋はどうかと訊けば、看板の「カリー」という綴りが気に食わない、「トッピング」とは何だ、ピッキングか、などとこれまた気に入らない。

あきらめた息子は店を父に選ばせる。父は一度入ったことのあるラーメン屋を勧めるが、「ビストロ」という屋号に今度は息子が警戒する。

結局、横道にある昔ながらのそば屋に入ることにするが、やはり息子は古めかしいたたずまいが気に入らず、看板の変体仮名や、高齢の店主夫婦にケチをつける。そのうえメニューにある「めし」から「肝試し」を連想する始末。

鴨南蛮を注文することにするが、息子は「小さい頃に『かもなんばんそば』を食べたが『かも』も『そば』も入っているのに『なんばん』が入っていないこと」から、
それ以来「なんばん熱」「なんばん咳」「なんばんくしゃみ」が出るなどと言い、奇妙な咳やくしゃみを始める。

最後はいったいどうなるんだ、と父が訪ねると、

「そば屋のいいカモになります」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓丈(三代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

八九升(はっくしょう) 放送禁止落語

八九升(はっくしょう)は、古典落語の演目の一つ。 わかりやすい、典型的な滑稽噺で …

三遊亭圓丈(三代目) 悲しみは埼玉へ向けて

「悲しみは埼玉に向けて」(かなしみはさいたまにむけて)は、三遊亭圓丈による新作落 …

三遊亭圓丈(三代目) 東京23区
三遊亭圓丈(三代目) 東京足立伝説

落語 「東京足立伝説」 三遊亭圓丈

三遊亭圓丈(三代目) グリコ少年

1980年、グリコの創始者江崎利一氏の死を悼んだ追悼落語。それが、思いがけずに受 …

三遊亭圓丈(三代目) 幽霊物件コレクター

落語 三遊亭円丈 幽霊物件コレクター 事故物件(わけあり物件)は、将来必ず価値が …

■三遊亭圓丈(三代目)茶金(はてなの茶碗)

3代目三遊亭 圓丈(さんゆうてい えんじょう、1944年12月10日 &#821 …