【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 つるつる

      2014/01/25

Sponsored Link

談志師匠の『つるつる』

一八は、芸者のお梅という女性に、3年も4年も惚れ続けている。
もうこれ以上片想いもしていられなくなって、なんだか遠回りに、わかりやすく照れ隠ししながら“プロポーズ”。

そうしたら、意外にもお梅は「女房になっていいよ」と返事をする。
「『愛』や『恋』じゃなくて、私はお前さんという『人間』が好きなんだよ」というお梅。
ただし、この婚約には一つ条件があって、「今晩、深夜2時に必ず迎えに来ておくれ。仮に1分でも遅れたら、この話はなかったことでよろしく」。

「大丈夫ですよ、必ず深夜2時に伺いますよ!」と応じ、有頂天でお梅の部屋を出ていく一八。
しかし、将来を喜びながら道を歩いていると、偶然、ご贔屓の大将に「今晩、酒に付き合え!」と声をかけられてしまい……。

「たまには一八を幸せにしてやってもいいじゃねえか」と考え、独自の解釈を織り込みむ。
さまざまな噺の再解釈、再々解釈に挑み続け、本来ならばしくじるはずのたいこもちの一八の恋が成就するというバージョン。

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 猪買い(ししかい)

最近、冷の病で具合の悪い八っつあん。近所のご隠居を訪ねると、「冷えの病はひどくな …

立川談志 よかちょろ

あらすじ 若だんなの道楽がひどく、一昨日集金行ったきり戻らないので、旦那はカンカ …

立川談志 お菊の皿(皿屋敷)

あらすじ 長屋に住んでる粗忽者たち。 どこからか幽霊の出る屋敷があると聞きつけ、 …

立川談志 初音の鼓

あらすじ 骨董好きの殿さまのところに、出入りの道具屋・金兵衛が怪しげな鼓を売り込 …

立川談志 あくび指南
■立川談志 粗忽長屋

⇒★聴き比べ

■立川談志 芝浜*

三木助に対しては概ね好意的である7代目立川談志も「三木助さんの芝浜は好き嫌いでい …

立川談志/へっつい幽霊
立川談志 子ほめ

あらすじ 人間がおめでたくできている熊公が御隠居のところに、人にただ酒をのまして …

立川談志 淀五郎

あらすじ どの社会でも頭抜けるというのは容易な事ではありません。 四代目市川団蔵 …