【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川志の輔 三方一両損

      2014/12/18

Sponsored Link

Sponsored Link

あらすじ

左官屋さんが、書き付けと印形と3両入った財布を拾う。落とし主は印形から大工と解ったので、早速左官屋さんは大工の所に届けに行く。
ところが大工は、書き付けと印形は貰うが、落としたお金はもう自分のものでないから持って帰れと言って受け取らない。
左官屋さんも強情で、そんな金欲しくて 届けたのでないと、口論になる。取りあえず大工の大家さんが仲裁に入って、左官屋はそのまま帰った。
今度は、左官屋が自分のところの大家に一部始終を話したら、その大家さんは怒って早速大岡越前守に訴え出る。
白州にでた両人は各々言い分を述べて金はいらないと言い張った。
そこで越前守は一両出して「二両ずつを両人に褒美としてつかわす。2人とも三両懐に入るところを二両となったのだから一両の損。奉行も一両出したのだから一両の損。これ呼んで三方一両損なり」で無事解決した。
この後、越前守のはからいで膳が出る。両人喜んで食べようとすると、奉行
「いかに 空腹だからと言って あまりたんと食するなよ」
「へぇい、多かぁ(大岡)食わねぇ」
「たった えちぜん(一膳)」

Sponsored Link

 - 立川志の輔

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川志の輔 質屋暦

立川志の輔 質屋暦 明治初期、暦が旧暦(太陰太陽暦)から新暦(太陽暦)に変わる狭 …

■立川志の輔/猿後家

猿後家(さるごけ)は、落語の演目のひとつである。元々は上方落語の演目で、東京へは …

■立川志の輔 禁酒番屋
立川志の輔 抜け雀
■立川志の輔/井戸の茶碗

あらすじ 正直者の屑屋の清兵衛が浪人、千代田卜斎から預かった仏像を、高木佐久左衛 …

■立川志の輔 みどりの窓口
立川志の輔 五貫裁き

五貫裁き(ごかんさばき)は、落語の演目の一つ。 名奉行と言われた大岡忠相を重要な …

立川志の輔 蜘蛛駕籠(蜘蛛駕篭)くもかご

あらすじ 鈴が森で客待ちをしている駕籠屋の二人組。 ところが、昨日ここに流れてき …

立川志の輔 バスストップ
■立川志の輔 バールのようなもの

*清水義範の小説が原作