【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川志の輔 しじみ売り(蜆売り)

      2014/12/18

Sponsored Link

Sponsored Link

茅場町の魚屋和泉屋の親方次郎吉は裏では義賊のネズミ小僧。暮れの三っ日間博打で300両すっかり負けてしまった。雪の中、新橋汐留の船宿伊豆屋に船で送ってもらいたく立ち寄る。船頭と女将相手に雪見酒を飲んでいると、そこに十になったぐらいの素足にわらじ履きの小僧が「お~ぃ、しじみよ~」と売りにくる。
次郎吉は全部買い求め前の汐留川に放してやる。

 話を聞いてやると、母親と二十三になる患った姉さんがいる。姉はもと新橋の金春新道紀伊国屋の”小春”という売れっ子芸者であった。三田の紙問屋の若旦那”庄之助”といい仲になったが、通いすぎて庄之助は勘当された。小春が家に置いて面倒を見たが人気が無くなり、庄之助と姉は旅芸者になって箱根にいた。そのとき、庄之助がかけ碁ですってんてんに巻き上げられて、姉まで人質に取られるところ、隣の部屋から二十四、五の苦み走った男が現れ同じ江戸の者だからと掛け金100両を立て替え救い、ちょぼいちでいかさま師から金を奪い取り、50両を二人の路銀にと与える。その小判で宿の支払いをするが、金蔵やぶりの小判であったため、捕らえられ伝馬町に送られた。姉は心労が重なり病の床についたままになってしまった。そのため私がしじみを売っています。

 次郎吉はその男が自分であったことを悟り、小僧に5両の金を持たせ、姉さんに悪いことばかりは続かないと言い伝えよと言いふくめ、折りを持たせて返す。「お~ぃ、しじみよ~」と空荷で雪の中を行く小僧を見やりながら、情けがあだになったことを知り、子分を自首させて庄之助を牢から出した。勘当が許され小春と夫婦になって、小僧と母親を引き取り仲良く暮らした。
 天保義賊の内、ネズミ小僧次郎吉人情話、雪の朝のしじみ売りの一席でした。

Sponsored Link

 - 立川志の輔

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事