【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■立川志の輔 親の顔

      2014/12/18

Sponsored Link

『親の顔』は立川志の輔作の新作落語である。
志の輔がプロになってから初めて創作した落語でもある。
現代落語だが、登場人物の名前が八五郎であるなど、古典の要素もちらほら含まれている。

Sponsored Link

あらすじ

冬のある日、半七の家に友人の八五郎がやってくる。
なんでも八っつぁんは息子の金太の学校から呼び出しをくらったらしい。
訳はなんなのかと聞くと、一枚の答案を差し出される。

その答案は100点満点で5点というとんでもない結果を示したものであり、また誤答の内容も
「太郎くんと次郎くんがそれぞれ1/2、1/3ずつ草むしりをしたら、草はどれだけ残るでしょう」
という問いに対して
「やってみなけりゃわからない」といった、トンチンカンどころじゃすまないようなものであった。

原因がコレであることは火を見るよりも明らかなのは分かったが、八っつぁんとしてはなぜそれで自分が呼び出しをくらうのかが理解できずにいるようだったが、半七が「昔からの諺でよく言うように『親の顔が見てみたい』てやつなんだろう」と言うと、八っつぁんは納得し、それなら早く顔だけを先生に見せて帰ってこようとやっと学校へ向かう決意をする。

そんなわけで教師・親・金太の三人による三者面談が始まったわけだが、金太がなぜこんな解答をしたのかと八っつぁんが問い詰めてみると、金太はいずれの誤答にもあながち間違いとは言い切れないんじゃないかと思わせるようなへりくつを言ってくるので、次第に八っつぁんも金太が正しいように思えてきてしまう。

そんなわけで親子ぐるみで金太の点数はどんどん上昇する。
実はこの面談は「親である八五郎がこの答案を見て、金太を怒鳴り散らすんじゃないかと言うことが心配になり、世の中正解だけが全てではない。

もっと子供の幅のある思想を大事にしてやるべきだ」ということを八五郎に伝えるために行ったものだったのだが、八五郎の思想にはそれ以上の幅があるのだと思い知ったため、先生は八五郎にもう帰ってもいいというが、その代わり八五郎の親に会わせて欲しいとお願いをされる。

八五郎が訳を尋ねると、先生は八五郎の親の顔が見てみたいとのことだった…

Sponsored Link

 - 立川志の輔 , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■立川志の輔 禁酒番屋
■立川志の輔 ろくろ首(ろくろっ首)
立川志の輔 百年目
立川志の輔 質屋暦

立川志の輔 質屋暦 明治初期、暦が旧暦(太陰太陽暦)から新暦(太陽暦)に変わる狭 …

■立川志の輔 ねずみ(甚五郎のねずみ)
立川志の輔 新版 蜆売り(しじみ売り)
■立川志の輔 こぶ取り爺さん
立川志の輔 三方一両損
立川志の輔 蜘蛛駕籠(蜘蛛駕篭)くもかご

あらすじ 鈴が森で客待ちをしている駕籠屋の二人組。 ところが、昨日ここに流れてき …

立川志の輔 踊るファックス

あらすじ 新しくファックスを購入した吉田薬局。 クリスマス・セールのチラシを作っ …