【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■立川談志 代書屋

      2014/02/01

Sponsored Link



代書(だいしょ)は、上方落語の演目の一つ。「代書屋」とも呼ばれる。
昭和10年代、大阪市東成区今里の自宅で副業として(一般)代書人(今日の行政書士のルーツ)を営んでいた4代目桂米團治が、その経験から創作した新作落語で、1939年4月初演。原典は雑誌『上方はなし』第46集(1940年5月発行)に掲載されている。
この『代書』では、従来の落語で使われてきたクスグリが一つも使われていないことが、作者の自慢であった。発表当時から人気作となり、米團治が高座に上がると客席から「代書屋!」「代書!」と叫ぶリクエストが絶えなかったという。
米團治から直弟子である3代目桂米朝に伝えられたが、米朝は3代目桂春團治と2代目桂枝雀に付けた(伝授した)後は、彼らの十八番となったこともあり、高座に掛けなくなった。米朝の息子である5代目桂米團治(前・桂小米朝)も5代目米團治の襲名にあたり『代書』に力を入れている。
現在では上方の新作落語の中でも半ば古典に近い存在となり、東京にも移植されている。2代目桂小南をはじめ3代目柳家権太楼、古今亭寿輔など多くの落語家が手掛け、東西とも広く親しまれている名作である。

Sponsored Link

 - 立川談志 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 疝気の虫*

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

立川談志 火事息子

あらすじ 江戸の町。神田にある質屋の大店「伊勢屋」の若旦那は子供の頃からどういう …

立川談志 ろくろ首(ろくろっ首)

ろくろ首(ろくろくび)は、古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の演目で、幕末か …

立川談志 真田小僧
立川談志 妲己のお百(だっきのおひゃく)

あらすじ 『妲己のお百』とあだ名されるとんでもない悪女は、今は美濃屋の小さんとし …

立川談志 大工調べ
立川談志 田能久(たのきゅう)

阿波の国、徳島の在に田能村、ここにお百姓の久兵衛さんと言う、この方が誠に親孝行で …

立川談志 お菊の皿(皿屋敷)

あらすじ 長屋に住んでる粗忽者たち。 どこからか幽霊の出る屋敷があると聞きつけ、 …

立川談志/道灌

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …

立川談志/笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …