【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■立川談志 代書屋

      2014/02/01

Sponsored Link



代書(だいしょ)は、上方落語の演目の一つ。「代書屋」とも呼ばれる。
昭和10年代、大阪市東成区今里の自宅で副業として(一般)代書人(今日の行政書士のルーツ)を営んでいた4代目桂米團治が、その経験から創作した新作落語で、1939年4月初演。原典は雑誌『上方はなし』第46集(1940年5月発行)に掲載されている。
この『代書』では、従来の落語で使われてきたクスグリが一つも使われていないことが、作者の自慢であった。発表当時から人気作となり、米團治が高座に上がると客席から「代書屋!」「代書!」と叫ぶリクエストが絶えなかったという。
米團治から直弟子である3代目桂米朝に伝えられたが、米朝は3代目桂春團治と2代目桂枝雀に付けた(伝授した)後は、彼らの十八番となったこともあり、高座に掛けなくなった。米朝の息子である5代目桂米團治(前・桂小米朝)も5代目米團治の襲名にあたり『代書』に力を入れている。
現在では上方の新作落語の中でも半ば古典に近い存在となり、東京にも移植されている。2代目桂小南をはじめ3代目柳家権太楼、古今亭寿輔など多くの落語家が手掛け、東西とも広く親しまれている名作である。

Sponsored Link

 - 立川談志 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 慶安太平記~幕開き
立川談志/笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

立川談志 初音の鼓

あらすじ 骨董好きの殿さまのところに、出入りの道具屋・金兵衛が怪しげな鼓を売り込 …

立川談志/万金丹

あらすじ 江戸を離れて、気ままな文無し二人旅。 日も暮れて泊まるところが無いので …

立川談志 実演解釈 笑い茸
立川談志/宮戸川(お花半七馴れ初め)

 

立川談志 らくだ

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

立川談志/二十四孝(にじゅうしこう)

『二十四孝』とは、古典落語の演目の一つである。主な噺家は桂文治 (10代目)など …

立川談志 猫久(ねこきゅう)

長屋連中の人気のおかず『鰯のぬた』は、貧乏人のおかずとされていた。 落語『目黒の …

立川談志/黄金の大黒(きんのだいこく)

長屋の子供達が普請場で遊んで地面を掘っていると金無垢の大黒像が出て来た。 年の瀬 …