【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀 英語落語 時うどん Rakugo in English Toki Udon by Katsura Shijaku

      2014/06/08

Sponsored Link


●プロフィール

2代目桂 枝雀(かつら しじゃく、本名:前田 達(まえだ とおる)、
1939年(昭和14年)8月13日 – 1999年(平成11年)4月19日)は、兵庫県神戸市生まれの落語家。
3代目桂米朝に弟子入りして基本を磨き、その後2代目桂枝雀を襲名して頭角を現す。
古典落語を踏襲しながらも、超人的努力と空前絶後の天才的センスにより、客を大爆笑させる独特のスタイルを開拓する。
出囃子は『昼まま』。
実の弟はマジシャンの松旭斎たけし。
師匠米朝と並び、上方落語界を代表する人気噺家となったが、1999年3月に自殺を図り、意識が回復する事なく4月19日に心不全のため死去した。
59歳没。
他、同世代の噺家の中では『東の志ん朝、西の枝雀』とも称されている。

●来歴・人物

1939年、神戸市灘区にブリキ工を営む父の長男として前田達は生まれた。
1945年6月、5歳の時に戦災に遭い、父親の出身地である鳥取県倉吉市に疎開。
小学校1年入学間もなく兵庫県伊丹市に移り住んだ。

中学卒業後、元来進学を希望していたが、父が亡くなるなどで家族の生計が苦しく、やむを得ず夜間の伊丹市立伊丹高等学校の定時制に進学。
日中は三菱電機伊丹製作所で養成工として働いたり、兵庫県立伊丹高等学校で給仕の仕事をしたりと家族を支えた。
この頃弟(後述)とラジオ番組「漫才教室」にリスナーとして参加している。

「伊丹の前田兄弟」は素人お笑いトーナメント荒らしとして知られ、賞金を得ては生計の足しにしていた(同番組の審査員の中には、後の師匠となる桂米朝も含まれていた)。
そんな多忙な中でも勉強は怠らず、高校へは首席合格。

そのため入学式では入学生代表の挨拶を務めた。
特に高校生の頃から英語の学力はかなりのものであり、専門書を読めるほどで、後の英語落語にも繋がる。
1960年(昭和35年)に神戸大学文学部に入学するが、1年間通った後1961年(昭和36年)「大学がどんなとこか大体分かりました」とあっさりやめた。
3代目桂米朝に入門し落語の道を志す。
「10代目桂小米」と命名された。

兄弟子に3代目桂米紫、月亭可朝がいるが、内弟子としては米朝の一番弟子である。
1962年(昭和37年)4月に千日劇場で初舞台。
小米時代は内容の設定を深く掘り下げ、大阪では珍しい繊細で鋭角的なインテリ的な落語だったという。
声が小さい場面もあり、米朝から「後ろの人は聞こえんぞ」とたしなめられることもあった。
客層はいつも笑う人といつも笑わない人に分かれたらしい。

間もなく、女性浪曲漫才トリオ『ジョウサンズ』でアコーディオンを弾いていた日吉川良子と出会い、「あんたみたいな天涯孤独な人探してたんや」と結婚を申し込む。
(その後、ホール落語時に一門の下座三味線を買って出る)。
夫人によれば、落語やこれまで喋っていたときの大らかで陽気な性格とは違い、家ではひどく陰気で、世間話もしない、テレビも見なかったので驚いたという。

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀(二代目)胴斬り

あらすじ 時は幕末。何かと言うと物騒な時代で、巷には辻斬りが横行したという。 あ …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀 佐々木裁き(佐々木政談)

あらすじ 大坂西町奉行佐々木信濃守が市中の見回りをしていると、安綿橋橋詰の住友の …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀 住吉駕籠(住吉駕篭)

あらすじ 住吉街道で駕籠屋が茶店の前で客に声をかけているある駕籠屋、相棒は新人。 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 英語落語 愛宕山 Rakugo in English Atago Yama by Katsura Shijaku

桂枝雀 英語落語 愛宕山 Rakugo in English Atago Yam …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 猫

あらすじ わたしは猫です。 名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 七度狐

『七度狐』(しちどぎつね/ななたびきつね)または『七度狐庵寺潰し』(しちどぎつね …

桂枝雀
桂枝雀 はてなの茶碗(茶金)

はてなの茶碗(はてなのちゃわん)は、上方落語の演目の一つ。 東京では「茶金」の名 …

桂枝雀
桂枝雀 あくびの稽古(あくび指南)

『あくび指南』とは古典落語の演目の一つである。主な噺家は柳家小せんなどがいる。

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀(二代目)米揚げ笊(こめあげいかき)

友人のいかき屋から、売り子を紹介して欲しいと言われた男が1人の男を紹介。 紹介状 …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀 鴻池の犬

鴻池の犬(こうのいけのいぬ)は上方落語の演目の一つ。 あらすじ 商家の軒先に捨て …