【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■古今亭志ん朝 付き馬

   

Sponsored Link

あらすじ

ひやかしの客が見世を覗いているので、ぎゅうが一生懸命勧めるが、金が無いのでと断る。
客はこれから集金したいが、まだ貸し金先の見世が開いたばかりなので、失礼になるので行けない。
だから朝勘なら上がっても良いというので、上げてしまう。
 この夜は遠慮しないで、台の物を食べたり呑んだり、芸者を上げてドンチャン派手に遊ぶ。
ツケで心付けまで派手に振る舞って遊んだ。
朝、47円80銭の請求。
安いとおだてて、請求の手紙を書きたいが”印鑑”を忘れたので、じかに私が行くので付いて来てくれないかと、若い衆の”馬”を連れて見世の外に出る。
仲之町の茶屋に集金に行きたいが、朝一番に集金では失礼になるので、時間潰しに少し新鮮な空気を吸いにと、大門をくぐって外の街に出てしまう。
湯屋に入って朝湯を浴びて、腹ごしらえにと食事と一杯をやって、若い衆のなけなしの金で、全部勘定を済ませ、浅草寺境内へ。
花やしきに出て、お堂の前に出る。

鳩の餌を売るおばあさんの話をして、仲見世のオモチャ屋、紅梅焼き、人形焼きも見て、雷門に出た。
「電車(都電=路面電車)に乗ってどっか行こうか」
「仲から出るのは御法度だから、仲之町の茶屋に集金に戻りましょう」
「戻るのも何だから、田原町のおじさんの所でどうだ。
ただ、早桶屋だけど良いかぃ」「はかいき(墓息=はかがいく)がするから、イイですョ」
「そうかぃ、世話になったから、君に帯も上げよう」。
馬を向こうに待たせて、早桶屋に入り「おじさん!お願いがあるのですが」
小さい声で「あすこに立ってる男の兄貴が夕べ死んで、大男の上腫れの病のため普通の早桶では入らず、頭抜け大一番小判型を何処でも作ってくれず、困っている」
大きな声で「こしらえて下さい」
「良いですよ」
また大きな声で「作ってくれますか、ありがとうございます」
小さい声で「気が動転して、変なことを言いますが、お気に成されないように」
馬を呼んで、「おじさんが作ってくれるから、安心してここで待つように」と言い残してずらかってしまう。

「まー、一服付けなさい」
「はい」
「驚いただろう」
「いえ、それより朝からこの様な事で無理を言って、スイマセン」
「こちとら、商売だから」
「う!粋なことを」
「長い事だったのかぃ」
「いえ、一晩だったのです」
「急に来たのか」
「不意にいらっしゃった」
「『いらっしゃった』、とはおかしいな。それでも、驚かないのかぃ」
「別に……」
「えらいな~」。
「通夜はどうだった」
「?、ご商売柄(粋な言い方をする人ダ)、それは大変で、芸者も入って」
「それもいいだろう、仏さんも喜んだだろう」
「そうです!”カッポレ”を踊っていました」
「?、仏さんが?」。
「ところで、何か付ける物は?」
「帯がいただけると……」
「ハイ、傘は?」
「傘のことは聞いていません」。
「間もなく出来るが、どうやって持っていくかぃ」
「財布に入れて」「?(早桶を?)」。
「出来たそうだよ」
「どんなんだって構いません。ん?どちらさんがお使いですか?」
「お前さんのだよ」
「ご冗談を」
「冗談ではないよ。お前さんの兄貴が死んだので、これを作った」
「兄貴は居ません」
「さっき来たのが言っていたよ」
「先ほどの方はご親類でしょ」
「いいや」
「え~!わ~、だって!貴方は『おじさん』と言っていたら『あいよ、あいよ』と答えていたではありませんか」
「『おじさん』と言っていたら返事をするが、『おばさん』と言えば怒るよ」
「さ~、大変なことになっちゃた」
「どうした」
「私は仲の馬で、客に逃げられちゃった」。
「お前さんも気の毒だが家も弱るんだよ。この早桶は別の所で使えないので、手間は負けるから木口代だけ置いてけよ」
「それは出来ませんよ。早桶担いで大門くぐれませんょ。縁起でもない」
「縁起でもねぇ! とんでもねぇ、この野郎に早桶担がせろ!」
「よってたかって、何するんですよ」
「金を置いてとっとと持ってけ」
「お金はもうありませんょ」
「ない!奴、仲まで馬に行け」。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん朝 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【親子リレー落語】 古今亭志ん生・志ん朝・金原亭馬生【富久】

【親子リレー落語】古今亭志ん生・古今亭志ん朝・金原亭馬生【富久】 親子三人による …

古今亭志ん朝 御慶(ぎょけい)

富に凝っている八五郎が年の瀬に梯子の上に鶴が止まっている夢を見たので、鶴一八四五 …

古今亭志ん朝/崇徳院

あらすじ 若だんながこのところ患いつき、飯も喉に通らないありさまで衰弱するばかり …

古今亭志ん朝 ぞろぞろ

浅草田んぼの真ん中に、太郎稲荷という小さな社があった。 今ではすっかり荒れ果てて …

古今亭志ん朝 柳田格之進

あらすじ 彦根の城主井伊氏のご家来で柳田格之進という文武両道に優れ品性正しく潔癖 …

古今亭志ん朝 お茶汲み

吉原の安大国(やすだいこく)という店に初会で上がった男を見た田毎(たごと)という …

古今亭志ん朝/三年目

三年目(さんねんめ)は古典落語(江戸落語)の演目の一つ。 4代橘家圓喬(たちばな …

古今亭志ん朝/抜け雀

3代目 古今亭 志ん朝(ここんてい しんちょう、1938年3月10日 &#821 …

古今亭志ん朝/お化け長屋

長屋に一軒の空き家があり、みんなで物置代りに使おうということで、誰かが借りに来た …

■古今亭志ん朝/反魂香(高尾)

『反魂香』(はんごんこう)または『高尾』(たかお)は古典落語の演目の一つ。原話は …