【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 粟田口(あわだぐち)

      2014/08/22

Sponsored Link

刀屋の番頭・重三郎は、主人に止められていたのに酒に酔ってしまい、金森家の家宝である名刀「粟田口」を奪われてしまう。
申し訳に死のうとしたところを荷足(にたり)の千太に助けられ、刀を奪った賊に殺されそうになった駕籠かきの安が仲間になって刀を探し始める。

金森家では重役の稲垣小左衛門が責任を取らされてお暇となり、家来の丈助と共に葛飾の真間(まま)へ移って小間物屋を始めるが、たまたま息子・小三郎の許嫁(いいなずけ)であるみゑを救う。
小左衛門は、元金森家の家来だった大野惣兵衛に鴻の台(こうのだい)で突き落とされて死んでしまうが、この手引きをしたのが丈助、実は大野に通じていたのである。

みゑの乳母であった丈助の母親は、我が子の悪事に気付き、矢切(やぎり)の家に戻った丈助を自分の手で殺す。

虫の息の丈助が、刀を盗んだのも自分の手引きであったことを白状し、小左衛門の息子・小三郎が大野を追って無事父の仇を討ち、粟田口を取り戻す。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■古今亭志ん生(五代目) 昭和43年(1968)7月3日 78歳の映像

この映像は、昭和43(1968)年7月3日に東京12チャンネル(現・テレビ東京) …

古今亭志ん生(五代目)元犬

元犬(もといぬ)は、落語の演目の一つ。 原話は、文化年間に出版された笑話本「写本 …

古今亭志ん生(五代目)文七元結

文七元結(ぶんしち もっとい)は、三遊亭圓朝の創作で、落語のうち、人情噺のひとつ …

古今亭志ん生(五代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …

■古今亭志ん生(五代目)風呂敷

風呂敷(ふろしき・ふるしき)は古典落語の演目の一つ。別題は『風呂敷間男』。 原話 …

古今亭志ん生(五代目)らくだ(長尺50分)
no image
古今亭志ん生(五代目) 姫かたり

姫かたり(ひめかたり)は古典落語の演目の一つ。 主な演者として、5代目古今亭志ん …

古今亭志ん生(五代目)締め込み

泥棒をシテ役とする噺は、この噺をはじめ、やかん泥/夏泥/穴泥/芋泥/もぐら泥/花 …

古今亭志ん生(五代目) 鶴亀

あまり聴くことがない噺であるが、これは『御慶(ぎょけい)』という噺の前半部分を志 …

古今亭志ん生(五代目)宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …