【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 粟田口(あわだぐち)

      2014/08/22

Sponsored Link

刀屋の番頭・重三郎は、主人に止められていたのに酒に酔ってしまい、金森家の家宝である名刀「粟田口」を奪われてしまう。
申し訳に死のうとしたところを荷足(にたり)の千太に助けられ、刀を奪った賊に殺されそうになった駕籠かきの安が仲間になって刀を探し始める。

金森家では重役の稲垣小左衛門が責任を取らされてお暇となり、家来の丈助と共に葛飾の真間(まま)へ移って小間物屋を始めるが、たまたま息子・小三郎の許嫁(いいなずけ)であるみゑを救う。
小左衛門は、元金森家の家来だった大野惣兵衛に鴻の台(こうのだい)で突き落とされて死んでしまうが、この手引きをしたのが丈助、実は大野に通じていたのである。

みゑの乳母であった丈助の母親は、我が子の悪事に気付き、矢切(やぎり)の家に戻った丈助を自分の手で殺す。

虫の息の丈助が、刀を盗んだのも自分の手引きであったことを白状し、小左衛門の息子・小三郎が大野を追って無事父の仇を討ち、粟田口を取り戻す。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目) 羽衣の松

あらすじ 人というものは大変なもので、本当の美人は『顔の真ん中に鼻がある』と申し …

古今亭志ん生(五代目) 稽古屋

稽古屋(けいこや)は落語の演目の一つ。上方、東京とも同じ題である。 初代桂小文治 …

古今亭志ん生(五代目) 氏子中(町内の若い衆)

あらすじ ・氏子中(うじこじゅう) ある日、商用で出かけた亭主が出先から帰宅する …

古今亭志ん生(五代目)佃祭(つくだまつり)

佃祭(つくだまつり)は、落語の演目の一つ。 住吉神社の夏の祭礼で賑わう佃島を舞台 …

古今亭志ん生(五代目) 黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

古今亭志ん生(五代目) 五銭の遊び(白銅の女郎買い)

あらすじ 吉原は女郎の格がピンからキリまでありますが、お金さえあればどんなに楽し …

古今亭志ん生 (五代目)毛氈芝居(もうせんしばい)

この村はまだ芝居という物を観たことも無く、芝居が解りません。地方に出ていて、ひと …

古今亭志ん生(五代目)大山詣り

大山詣り(おおやままいり)は古典落語の演目。原話は、狂言の演目の一つである「六人 …

古今亭志ん生(五代目)幾代餅(いくよもち)

別題:幾代餅の由来 『紺屋高尾』という噺と筋はまったく同じ。 日本橋の搗米屋六右 …

古今亭志ん生(五代目)宮戸川(お花半七馴れ初め)