【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭金馬(三代目) 真田小僧

      2014/06/08

Sponsored Link

真田小僧(上・下)

親父が小遣いをくれないので
「よそのおじさんが訪ねて来た話をすれば、母ちゃんから貰えるからいいや」
とつぶやくと、親父は気になり、話せと迫る。

キザな白い服を着て、色眼鏡にステッキの男だ。
この先を聞くなら五銭おくれと、按摩の話で小遣いをせしめた。

女房に話すと、あの子は知恵者だと言うが、本当に偉い人はと、講釈の逸話を話す。
天目山の戦いで武田勝頼の加勢に行った真田安房守が、松田尾張守と大道寺駿河守に挟まれた時に、息子の与三郎が松田方の永楽通宝の旗印を付けて敵を錯乱させて窮地を救い、その時から旗印を六連銭とした。

後に幸村と改め大坂方の軍師になり薩摩におちた偉い人だ。

戻って来た息子にさっきの金を返せと言うと講釈を聞いて使ったと言い、真田三代記を暗唱する。
六連銭ってどんな紋だい。

親父が、一銭貨を三個三個と並べて説明する途中、息子が持って逃げた。

「また講釈を聞くのか」
「焼き芋買う」
「家の真田も薩摩におちた」

 

Sponsored Link

 - 三遊亭金馬(三代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三遊亭金馬(三代目)万病円(まんびょうえん)

1961.3.1音源 侍が湯船で褌を洗っていると、客から番台に苦情があがる。 侍 …

三遊亭金馬(三代目)  高田馬場

あらすじ 春の盛りの浅草・奥山。 見世物や大道芸人がずらりと並び、にぎやかな人だ …

三遊亭金馬(三代目)仙台高尾
三遊亭金馬(三代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三遊亭金馬(三代目) 近江八景

近江八景(おうみはっけい)は、古典落語の演目の一つ。 原話は、安永10年(178 …

三遊亭金馬(三代目)湯屋番

湯屋番(ゆやばん)は古典落語の演目の一つ。 『滑稽噺』の一つで、落語によく出てく …

三遊亭金馬(三代目)弥次郎

『弥次郎』(やじろう)は落語の演目の一つ。 原話は、安永2年(1773年)に刊行 …

三遊亭金馬(三代目)二十四孝(にじゅうしこう)

あらすじ 江戸のとある町に住む男(八五郎)は、たいへんな大酒飲みで、また同居して …

三遊亭金馬(三代目)たがや
■三遊亭金馬(三代目) 薮入り

藪入り かくばかり偽り多き世の中に子のかわいさは真なりけり」「立てば這え這えば歩 …