【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) お若伊之助(因果塚の由来)

      2014/03/27

Sponsored Link

横山町三丁目、栄屋という生薬屋のー人娘=お若。
年が十七で栄屋小町といわれる美人。

一中節が習いたいと言い出して、出入りの鳶頭初五郎の世話で紹介された師匠が菅野伊之助。
この伊之助、二十六歳で男っぶりが良すぎるほど良い。

深い仲になった二人を、伊之助に三十両の手切金を渡し別れさせる。
お若は根岸御行の松で町道場を開いている長尾一角の所に預けられる。

預けられても恋心のつのるー方のお若が、ある日庭のかげに立つ伊之肋を見つけ招き入れる。
伊之助も毎晩のように通い出し、そのうちお若の腹が大きくなる。

伊之助が忍んで来るのを知った一角は、鳶頭の初五郎を呼び出し、事の次第を問いただす。
すると、不思議な事に伊之助は初五郎と吉原通いで、根岸に行けるはずがない。

その晩一角は初五郎の目の前で、種子島の火縄をつけ、訪れた伊之肋を撃った。
死んだのは伊之肋ではなく大狸。
お若が伊之助を恋い慕うところから狸が姿を借りて通ったもので、十月たってお若が産み落としたのが狸のふた子。

これを手厚く葬ったのが、根岸御行の松のほとり。
「因果塚」の由来というー席。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目) 猫の恩返し

両国回向院に現存する『猫塚』の由来にちなんだ噺。原話は1862年刊の随筆、宮川政 …

no image
古今亭志ん生(五代目) 駒長(こまちょう)

ほうぼうに借金だらけの長兵衛とお駒の世帯。もうにっちもさっちもいかない。 長兵衛 …

古今亭志ん生(五代目)幾代餅(いくよもち)

別題:幾代餅の由来 『紺屋高尾』という噺と筋はまったく同じ。 日本橋の搗米屋六右 …

古今亭志ん生(五代目)狸賽(たぬさい・たぬき)

あらすじ あるバクチ打ちの男。 誰か夜中に訪ねてきたので開けてみると、何と子狸。 …

古今亭志ん生(五代目) 星野屋
古今亭志ん生(五代目)お化け長屋

あらすじ 長屋に空き店の札。 長屋が全部埋まってしまうと大家の態度が大きくなり、 …

古今亭志ん生(五代目)一眼国

両国界隈には、多くの商人や見世物小屋が林立しており、インチキも多かった。 人の子 …

古今亭志ん生(五代目)寝床

あらすじ 旦那が趣味の義太夫を語る会の準備を始めた。飲める人には酒と肴を、飲めな …

古今亭志ん生(五代目) 小間物屋小四郎(大岡政談より)

京橋五郎兵衛町の長屋に住む、背負い(行商)の小間物屋・相生屋小四郎。 今度上方へ …

古今亭志ん生(五代目)文違い

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …