【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) お若伊之助(因果塚の由来)

      2014/03/27

Sponsored Link

横山町三丁目、栄屋という生薬屋のー人娘=お若。
年が十七で栄屋小町といわれる美人。

一中節が習いたいと言い出して、出入りの鳶頭初五郎の世話で紹介された師匠が菅野伊之助。
この伊之助、二十六歳で男っぶりが良すぎるほど良い。

深い仲になった二人を、伊之助に三十両の手切金を渡し別れさせる。
お若は根岸御行の松で町道場を開いている長尾一角の所に預けられる。

預けられても恋心のつのるー方のお若が、ある日庭のかげに立つ伊之肋を見つけ招き入れる。
伊之助も毎晩のように通い出し、そのうちお若の腹が大きくなる。

伊之助が忍んで来るのを知った一角は、鳶頭の初五郎を呼び出し、事の次第を問いただす。
すると、不思議な事に伊之助は初五郎と吉原通いで、根岸に行けるはずがない。

その晩一角は初五郎の目の前で、種子島の火縄をつけ、訪れた伊之肋を撃った。
死んだのは伊之肋ではなく大狸。
お若が伊之助を恋い慕うところから狸が姿を借りて通ったもので、十月たってお若が産み落としたのが狸のふた子。

これを手厚く葬ったのが、根岸御行の松のほとり。
「因果塚」の由来というー席。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)千早振る(ちはやふる)

『千早振る』(ちはやぶる / ちはやふる)は、古典落語の演目の一つ。 別題は『百 …

古今亭志ん生(五代目) 芝浜

※古今亭志ん生は「長々(風景描写を)やっちゃあ、夢にならねえ」との持論で、財布を …

古今亭志ん生(五代目) 和歌三神(わかさんじん)

俳諧の師匠が、雪が降ったので権助を連れて、向島へ雪見に行く。 酒持参でどこかで飲 …

古今亭志ん生(五代目)犬の災難

『猫の災難』という噺の猫を犬に替えたもの。 鯛ではなく、隣に届いた鶏を預かったと …

古今亭志ん生(五代目) 黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

古今亭志ん生(五代目)幾代餅(いくよもち)

別題:幾代餅の由来 『紺屋高尾』という噺と筋はまったく同じ。 日本橋の搗米屋六右 …

古今亭志ん生(五代目) 居残り佐平次
古今亭志ん生(五代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …

古今亭志ん生(五代目)紙入れ

解説 間男噺で『風呂敷』とよく似ている。やり方によっては艶笑的になるが、それが嫌 …

古今亭志ん生(五代目)柳田格之進

柳田格之進(やなぎだかくのしん)は落語の演目の一つ。「柳田角之進」とも書く。 あ …