【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓橘(三代目) 宗論(宗旨争い)

      2014/05/31

Sponsored Link

プロフィール

3代目三遊亭 圓橘(慶応4年2月7日(1868年2月29日) – 大正5年(1916年)10月24日))。
本名は塚本伊勢吉。通称「河内屋の圓橘」、「柳橋(やなぎばし)の圓橘」(柳橋で「河内屋」という名のを芸妓の店を開いていたため)。

1884年に2代目禽語楼小さん門下で柳家小夏を名乗り、1888年、9年頃に初代三遊亭圓遊門下に移って三遊亭遊七に改名する。
1902年4月に真打で初代三遊亭遊朝となり、1908年5月に3代目圓橘を襲名。

容姿が良く小粋な芸で色白でおっとりしていたところから「枕草子の殿様」とのあだ名も付けられていた。
軽めのネタから新作をこなした。8代目桂文楽の得意ネタであった『寝床』はこの人のを醇成させたもの。
一時期三遊派を離脱して三遊分派に所属したことがある。

1916年に『洋行帰りハイカラ自動車 上・下』『宗旨争ひ 上・下』『滑稽桃太郎 上・下』の3枚のSPレコードが吹き込んでいる。
弟子だった人物には柳亭市楽(本名、杉井徳次郎)、三遊亭橘弥(本名、中村勘三)、式亭三馬(本名、宇田川喜太郎)、桂文之助(6代目桂文治の子)などがいる。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓橘(三代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした