【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三笑亭可楽(八代目) 石返し

      2014/07/13

Sponsored Link

あらすじ

少しばかり頭が薄明状態の松公は、夜なきそば屋のせがれ。
親父の屋台の後を、いつもヘラヘラして付いて回っているだけだが、今夜は親父が、
「疝気(せんき)が起こって商売に出られないから、代わりにおまえがそばを売って来い」と、言い渡す。

そばのこしらえ方や「お寒うございます」というお愛想の言い方を一通りおさらいし、屋台のそば屋はなるたけさびしい場所の方が客が捕まる、火事場の傍だと野次馬が大勢集まっているからもうかりやすいなどといった秘訣を、いちいち教えられた。

「じゃ、お父っつぁん、道具ゥ置いといて火ィつけてまわろうか」

「馬鹿野郎ッ」

頼りないながらも、最後に「そばあうううい」という売り声をなんとか親父が教え込み、松公は商売に出かけた。
さあ、それからが大変。

なかなか「そばあうううい」と出てこないので、暗い所で練習しておけば明るい所でも大丈夫だろうと、立小便の真っ最中の職人にいきなり「(そ)ばあー」とやってケンツクを食わされたり、客が一杯くれと言うのに、明るいとこじゃ売れない、オレのそばが食いたきゃ墓場へ来いとやったりして、相変わらず頭のネジは緩みっぱなし。

そのうちに、馬鹿にさびしい所に出たので、一段と声を張り上げると、片側が石垣、片側がどぶとなっている大きな屋敷の上の方から侍が声を掛けた。

「総仕舞いにしてやるからそばと汁を別々に残らずここに入れろ」と、上から鍋と徳利が下がってきたので、松公喜んで全部入れ、お鍋の宙乗りだ、スチャラかチャンチャンと囃すうちに、そばは屋敷の中に消える。

代金をくれと言うと、石垣に沿って回ると門番の爺がいるから、それにもらえとのこと。
ところがその門番、あそこには人は住んでいない、それは狸で、鍋は金玉。

きさまは化かされたのだからあきらめろ、という。
狸が多分引っ越しそばでもあつらえたんだろうから、そんな代金を人間が払う義理はない、帰れ帰れと、六尺棒で追い立てられ、松公は泣きべそで戻って報告した。

親父は「あすこは番町鍋屋敷という所だ」と、屋台の看板を汁粉屋に書き換え、松公と一緒に現場へ急行。
「しるこォ」と声を張り上げると、案の定呼び止められ、鍋が下がってきたので、親父、そいつに石を入れ

「お待ち遠さま」

侍、引き上げて驚き

「おいっ、この石はなんだッ」

「さっきの石(意趣)返し」

Sponsored Link

 - 三笑亭可楽(八代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三笑亭可楽(八代目) 二番煎じ

原話は、1690年(元禄3年)に江戸で出版された小咄本『鹿の子ばなし』の「花見の …

三笑亭可楽(八代目)大山詣り

元々は「百人坊主」という上方落語の演目とされるが、滝亭鯉丈の作品で文政4年(西暦 …

三笑亭可楽(八代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三笑亭可楽(八代目)笠碁

笠碁(かさご)は、古典落語の演題の一つ。上方落語であったが、東京に移植された。囲 …

三笑亭可楽(八代目) たちきり

「たちぎれ」もしくは「たちきれ」は、上方落語の演目の一つ。 別名「立ち切れ (た …

三笑亭可楽(八代目)らくだ【十八番】

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

三笑亭可楽(八代目) 悋気の見本

あらすじ ある会社の重役が容姿端麗な奥さんをもらった。 ところがこの奥さん、焼き …

三笑亭可楽(八代目) 芝浜

昭和38年(1963年)4月の音源

■三笑亭可楽(八代目)今戸焼

あらすじ 夕刻亭主が帰宅したら女房がいない。 「あの野郎。どこへ行きやがった。は …

三笑亭可楽(八代目)富久

富久(とみきゅう)は古典落語の演目の一つ。 初代三遊亭圓朝の創作落語で、主な演者 …