【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■昔昔亭桃太郎 カラオケ病院

      2014/12/20

Sponsored Link


「カラオケ病院」は、5代目春風亭柳昇による新作落語の演目。
柳昇作の新作では代表格にあたり、よく演じられた。
当時のカラオケブームにヒントを得て作られたもので、ハイライトとなる後半のカラオケ大会の場面では1960年代~80年代のヒット曲が(替え歌で)織り込まれており、柳昇が自慢ののどを披露する。
前半の、医者が欠席する理由を列挙する場面は「寝床」に似ている。
近年、柳昇の弟子である昔昔亭桃太郎も(一部曲を入れ替えて)演じている。

Sponsored Link

プロフィール

昔昔亭 桃太郎(せきせきてい ももたろう、1945年5月20日 – )は、落語芸術協会所属の落語家。長野県小諸市出身。
本名は柳澤 尚心(やなぎさわ たかみ)。出囃子は『旧桃太郎の唄』。

来歴・人物

当代は2代目とされているが、本人は「初代は鬼が島に行った人で、自分は3代目」と発言している(落語芸術協会のホームページや、本人のサインでは3代目となっている)。

先代は一字違いの昔“々”亭桃太郎(読み同じ)で、当代も当初は「昔々亭」を名乗っていた。寄席の客からの通称は「桃ちゃん」。
主に新作落語を得意とし、そのユーモラスな内容と斬新な語り口で人気を博す。

マクラでは、最近のニュースなどを取り入れ、ダジャレで締める小咄をいくつか繰り出すのが通例となっている。
出囃子は『旧桃太郎の唄』。三遊亭白鳥との二人会「桃白鳥」、また春風亭昇太などとの二人会も好評である。

風貌が漫画家の赤塚不二夫に似ていて、自身もよくマクラなどでネタにする。
大の巨人ファンでもあり、枕に野球のネタを織り込むこともある。
現在夕刊フジでコラムを連載中。

Sponsored Link

 - 昔昔亭桃太郎 , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

昔昔亭桃太郎momotaro
■昔昔亭桃太郎 ぜんざい公社

ぜんざい公社(ぜんざいこうしゃ)は、落語の演目の一つ。 三代目桂文三の作である「 …

昔昔亭桃太郎momotaro
昔昔亭桃太郎 結婚相談所

洗剤を変えなければいけない。常に頭に入れておかなきゃいけない、それで洗剤意識って …

昔昔亭桃太郎momotaro
昔昔亭桃太郎 金満家族

落語 「金満家族」 昔昔亭桃太郎 これぞ大爆笑の体臭芸能! Sponsored …

昔昔亭桃太郎momotaro
昔昔亭桃太郎 裕次郎物語

昭和を代表する俳優、石原裕次郎の大ファンである昔昔亭桃太郎が、裕次郎に関する逸話 …