【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■柳家喬太郎 夜の慣用句

      2014/02/01

Sponsored Link


夜の慣用句(よるのかんようく)は、柳家喬太郎による新作落語の演目。
彼の新作落語の中でも有名な作品の一つである。

概要

若い社員たちの飲み会に、空気を読まない部長が無理やりに参加して、場を白けさせていく様をコミカルに描いた作品。
部長の徹底した俗物ぶりが聴きどころになっている。
2001年(平成13年)と2005年(平成17年)にCD化されている。
テレビでは2011年4月の「三遊亭圓歌の演芸図鑑」にゲスト出演し、本作を演じたことがある。

あらすじ

ある会社の部長が、部下達とともに居酒屋に飲みに行く。
部下達と話す中で、部長は部下達に座右の銘があるかどうかと、慣用句(ことわざ)を聞いていく。
そのうち、ある部下の発言で機嫌を損ねた部長が便所に行き、その間に部下達は行きつけのキャバクラへ行くことにし、戻ってきた部長と向かう。

一行がキャバクラに行くと、部長は今度はキャバ嬢に座右の銘があるかどうかを訪ね、あるキャバ嬢の発言でまたもや機嫌を損ねた部長が便所に行く。
その間にチェンジとなった。
部長は新しい2人に名前を訪ねるとこの2人が自分の姪であることに気づく。
窮地に立たされた部長のこの状況は、「座右の銘(ざゆうのめい)」ならぬ「左右の姪(さゆうのめい)」であった。

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

■柳家喬太郎 文七元結
柳家喬太郎 錦木検校(にしきぎけんぎょう)

あらすじ 大名・酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)が末子、格三郎が父親に疎んじられ下 …

柳家喬太郎/仏馬(ほとけうま)

あらすじ ある寺の坊主の弁長が本堂建立の勧進のため小坊主の珍念を連れて町へ出た。 …

柳家喬太郎 お菊の皿(皿屋敷)

お菊の皿(おきくのさら)は古典落語の演目の一つ。 古典的な怪談である皿屋敷を下敷 …

柳家喬太郎/反対俥(はんたいぐるま)
柳家喬太郎 冬のそなた
柳家喬太郎 宗漢(そうかん)
柳家喬太郎 純情日記 横浜編

あらすじ バイト先で知り合った女性が好きになった。 勇気を出して電話でデートに誘 …

柳家喬太郎 喜劇駅前結社

あらすじ そば屋の親父が娘に小言を言う。 娘はそば屋としての腕もいいが、たらこざ …

柳家喬太郎 巣鴨の中心で、愛をさけぶ

あらすじ 知り合った女性・ルミコとラブラブになった留吉さん。 友人の前でその熱々 …