【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎 ハンバーグができるまで

      2014/01/31

Sponsored Link

あらすじ

舞台はとある商店街。
そこで一人の男性・マモルさんがお買い物。
このマモルさん、三年前に奥さんと別れて一人寡。

料理なんてしないのです。
商店街で買うものも出来合いのもの、お弁当など。
そんなマモルさんがお肉屋さんで合挽き肉を購入。

お肉屋さんはビックリして、全く売る気が無い(笑)
唐揚げやらつくねを進めるも、合挽き肉を買っていくマモルさんを見て、大慌て。

もしかしたら、早まった真似をするのではないか…と商店街のお店中に緊急連絡(笑)

八百屋さんでじゃがいも、玉ねぎ、人参を買っていく。
ここでもビックリされる。
人参はマモルさんが死んでも食べたく無いというもの。
心配されながらも、一先ず売ってもらう(笑)

次の食料品店ではパン粉とデミグラスソース、塩コショウ、卵とローリエの葉っぱをお買い上げ。

1人帰るマモルさん。

家に帰ると元奥さんが待っている。
買い物はこの元奥さんに頼まれたもの。
材料を元に何かを作り始める元奥さん。そこにモノを売ったお店の方々か次々と訪ねてくる。

第一声は「まだ、生きてたか!」(笑)

その間に元奥さんが作ったモノはハンバーグ。
ハンバーグを食べながら、元奥さんとたわいもの無い会話。

その会話の最中もお店のモノを届けるということを建前に様子を伺いに来る商店街の方々。
お店の方々の声を聞いて、元奥さんが顔を出す。
商店街の人達は縁りを戻したと勘違い。
お節介な商店街の方々が去った後、じっくりとたわいも無い会話をした2人は「こうやって俺たち、ちゃんと話せたんだな」と感じる。
縁りを戻そうと提案するマモルさんに対して、元奥さんは言う。

「再婚するの」

だから、最後にマモルさんへハンバーグを作りに来たのだと。

マモルさんの家を立ち去る元奥さん。
玄関のドアの前には商店街の方々が(笑)
去る元奥さんと入れ違いにマモルさんが心配で家に入ってくる商店街の方々の前で人参を口にするマモルさん。

そして、一言。

「なんだ。人参って美味いんじゃん。」

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎 子ほめ
柳家喬太郎 一日署長
柳家喬太郎 東京タワー・ラヴストーリー

あらすじ 38歳独身、彼女なし。北海道の田舎から出てくる可愛い女の子と初デート! …

柳家喬太郎 白日の約束

あらすじ 三十七歳になるまで、女性にまったくモテなかった男が、会社の同僚OLから …

柳家喬太郎 孫帰る

もうすぐ夏休みで、夏休みといえば祖父の家に遊びに行ったことを思い出す、とあって、 …

柳家喬太郎 結石移動症

あらすじ 池袋で洋食屋を営むおやじ、ケンちゃん。 近くにあるソープランド「丸海老 …

柳家喬太郎 宗漢(そうかん)
柳家喬太郎 鬼背参り(おにのせまいり)

浮気ものの若旦那、遊びが過ぎて江戸を離れていたが、このたび親元に戻って来ている。 …

■柳家喬太郎 文七元結
柳家喬太郎/午後の保健室

ある中学の午後の保健室、やったらおっさん臭い喋りをする男が一人、ベッドで横になり …