【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎 バイオレンスチワワ

      2014/01/31

Sponsored Link

あらすじ

ある日、人間に飼われているチワワが、あるじと一緒に散歩へ出かける。
すったもんだがあったあと、最後にチワワが酔っ払いにからまれる。

なかなか止めようとしない酔っ払いに、とうとうチワワがきれる。
酔っ払いの体中を駆けずり回り、噛み付き引っかき、酔っ払いをズタぼろにしてしまう。
そこへ、現れたのが町の親分チワワである。

粋で侠客な調子で「やめねぇ、やめねぇ云々」とその飼われチワワ(子分)を諌める。
その後、親分チワワは肩で風を切ってどこかへ消える。
ただし、この会話は人間には「わんわん」と吠え合っているだけに聞こえるので、酔っ払いには何が起こったのか分からない。
命拾いした酔っ払いは、なぜチワワが咬まなくなったのか疑問に思う。

最初はチワワ同士の喧嘩が起こったからか、と思ったが、そうではないらしい。
どうやら、チワワにも親分子分の序列があるという事なのだ。

「なるほど、だからチワワは喧嘩しないのか。」ここでオチとなる。

「血は争えねぇなぁ(チワワあらそえねぇなぁ)」

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎/お菊の皿(皿屋敷)

お菊の皿(おきくのさら)は古典落語の演目の一つ。 古典的な怪談である皿屋敷を下敷 …

■柳家喬太郎/歌う井戸の茶碗(井戸の茶碗改作)

2010年1月27日「赤坂BLITZ寄席LIVE」にて

柳家喬太郎 小言幸兵衛
柳家喬太郎 擬宝珠(ぎぼし)

あらすじ 若旦那が病気になって寝込んでしまった。 熊さんは親に頼まれて、病気の原 …

柳家喬太郎 喜劇駅前結社

あらすじ そば屋の親父が娘に小言を言う。 娘はそば屋としての腕もいいが、たらこざ …

■柳家喬太郎 文七元結
柳家喬太郎 落語の大学
柳家喬太郎 ハンバーグができるまで

あらすじ 舞台はとある商店街。 そこで一人の男性・マモルさんがお買い物。 このマ …

柳家喬太郎 錦の袈裟

錦の袈裟(にしきのけさ)は落語の演目の一つ。 原話は、安永6年(1777年)に出 …

柳家喬太郎 いし

あらすじ 月曜日の朝、アパートの部屋でひとりの男が目を覚ましました。 35歳独身 …