【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎 擬宝珠(ぎぼし)

      2014/01/31

Sponsored Link

あらすじ

若旦那が病気になって寝込んでしまった。
熊さんは親に頼まれて、病気の原因、思い悩んでいる事を聞き出そうと若旦那の部屋にやって来た。

若旦那は気も消沈して寝込んでいた。なかなかその悩み事を口にしなかった。
でも、熊さんは落語通なので解った。女の子だったら「崇徳院」でしょ。

違っていたが、若旦那だから「幾代餅」でもないし、あ!、みかんが食べたい、でしょ。

徳ちゃん、熊ちゃんの仲であったのを思いだした。
小さな声で聞き取れないが「潮干狩りがしたい」でもないし「煮干しが食べたい」でもないし「擬宝珠が舐めたい」??

擬宝珠って何?

「擬宝珠って、お寺の屋根の上にあったり、橋の欄干の上にあるカネの丸いの、頭がとんがっているやつ。私は子どもの時から金物を舐めるのが好きだったんだ。食事に行ってもカレーを食べるだろ、カレーも好きだが、スプーンが舌に触った感触や味がたまらないんだ。それが高じて、擬宝珠が舐めたいんだ」。

「それだったら、近くの駒形橋、両国橋、永代橋が有るじゃないですか」

「それは、もう飽きた」

「ええ、もうやってんの」

「今舐めたいのは『金竜山浅草寺の五重塔』の一番上に付いている擬宝珠。でも、あれだけは夜行ったって舐められない。なめた~~い。舐められないなら、死んでしまうかも知れない」。

大旦那の所に戻って今の話をした。「擬宝珠が舐めたい」と。
驚く事か両親とも擬宝珠舐めが大好きであった。

駒形の擬宝珠はドジョウの味がしたし、京都の三条大橋は八つ橋の味がしたし、ハイカラだったのはニコライの擬宝珠。「擬宝珠でも浅草寺の五重塔の擬宝珠を舐めたい」のだと熊さんは注進した。

「そうかそうか、私たちもあれが舐めたかったが、息子に譲ろう。あれは擬宝珠とは言わず『宝珠』と言うんだが、そんなことより舐められるように手を打とう」。

浅草寺にお願いすると、多大なお布施と人命がかかっているので許可が下りた。足場を組んで最上階まで登れるようになった。

若旦那は信じられずに浅草寺までフラフラしながらやって来て、足場を見つけた。
それから後は信じられない程の力強さで屋根まで上がって擬宝珠(宝珠)をベロベロと舐めて、元気になって戻ってきた。

大旦那「私たちもあれが舐めたかった。で、どんな味がしたかい」

若旦那「タクアンの味がしました」

大旦那「タクアンの味?それで塩加減はどの位だった。五合位か一升位か?」

若旦那「いいえ、も~ちょっと塩辛かった」

大旦那「三升かそれとも五升か」

若旦那「いいえ、六升(緑青)の味がしました」。

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎/仏馬(ほとけうま)

あらすじ ある寺の坊主の弁長が本堂建立の勧進のため小坊主の珍念を連れて町へ出た。 …

柳家喬太郎 鬼背参り(おにのせまいり)

浮気ものの若旦那、遊びが過ぎて江戸を離れていたが、このたび親元に戻って来ている。 …

柳家喬太郎 結石移動症

あらすじ 池袋で洋食屋を営むおやじ、ケンちゃん。 近くにあるソープランド「丸海老 …

■柳家喬太郎 文七元結
柳家喬太郎 白日の約束

あらすじ 三十七歳になるまで、女性にまったくモテなかった男が、会社の同僚OLから …

■柳家喬太郎 綿医者
柳家喬太郎/午後の保健室

ある中学の午後の保健室、やったらおっさん臭い喋りをする男が一人、ベッドで横になり …

柳家喬太郎 巣鴨の中心で、愛をさけぶ

あらすじ 知り合った女性・ルミコとラブラブになった留吉さん。 友人の前でその熱々 …

柳家喬太郎/お菊の皿(皿屋敷)

お菊の皿(おきくのさら)は古典落語の演目の一つ。 古典的な怪談である皿屋敷を下敷 …

柳家喬太郎 ちりとてちん