【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎 結石移動症

      2014/01/31

Sponsored Link

あらすじ

池袋で洋食屋を営むおやじ、ケンちゃん。
近くにあるソープランド「丸海老」に出前をし、そこのソープ嬢たちは、ケンちゃんの美味しいとは言えない洋食を食べによく来る常連客。

最近、ケンちゃんの体調がよくなく、渋々ながら医者へ行ってみると、結石移動症という奇病だと言われる。
結石が体中のあちこちを移動するため、レントゲンにも映らず、どうすることもできない。
(「そんな病気あるの?」「あるんだよ、落語だから」)ふいに痛みがさすやうに来るため、ケンちゃんは店のシャッターを閉めてしまう。

するとソープランドで働く人たちが、心配して店に見舞に来る。
手みやげの、ハインツのソース缶詰合せに苦笑するケンちゃん。
そんなころ、ケンちゃんの息子が婚約者を連れてやってくる。

婚約者は、なんと元ソープ嬢のみどりで、ケンちゃんとも顔なじみ。
けれど彼女は、自分が元ソープ嬢だということを婚約相手である息子には隠していて、ケンちゃんはそれが気に入らない。

「ケンちゃんが、ソープ嬢でも胸を張って生きろって言ってくれたから、だから、こうして今があるんだよ。どうして?やっぱりソープ嬢ぢゃあ、駄目なんだ」

「そうぢゃねえよ。お前、結婚すればこれからずうっと一緒にいなくちゃならねえんだぞ。ソープ嬢だったから、ぢゃねえよ。それを息子に隠してたことが、気にいらねえんだ」

そんなやり取りをしていると、またケンちゃんの体に痛みが走る。
その苦しむ姿を見て、みどりが、大塚にいる名医を呼ぼうと言う。

「なんだ、お前。結婚したくてご機嫌とりか」

「そうぢゃないよ。結婚なんて、もう、どうでもいい。ただケンちゃんに治ってほしくて、それだけ」

呼ばなくていいと言うケンちゃんに構わず、みどりは、針医の堀田三郎を呼ぶ。
みなでケンちゃんを押さえつけ、堀田が針を打つ。
とんとんとん、と打ってゆくと、結石が体のなかを動き、尿道を伝って、ぽんと外に出る。

「こんなことをしてもらったからって、べつに、結婚を許すわけぢゃねえからな」と言いつつ、みんなに食事でも、とケンちゃんは、ハインツの缶詰を温めさせる。

「何人分?」

「何人って……ここにいる人数分だよ」

そうしてこの話は、針医堀田(ハリーポッタ)の名が広まるに連れ、噂になり、有名になり、本になり、映画にもなったいう、
「針医堀田とケンちゃんの石」という一席でした。

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 バイオレンスチワワ

あらすじ ある日、人間に飼われているチワワが、あるじと一緒に散歩へ出かける。 す …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 いし

あらすじ 月曜日の朝、アパートの部屋でひとりの男が目を覚ましました。 35歳独身 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 錦木検校(にしきぎけんぎょう)

あらすじ 大名・酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)が末子、格三郎が父親に疎んじられ下 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 赤いへや

ありとあらゆる、道楽にも倦み果てた連中たちが、赤いもうせんを敷き詰めた真っ赤な部 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 うどん屋

あらすじ 江戸の夜、市中を流して歩いていたのが「うどんや」さん。 大勢の客に当た …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 すみれ荘二〇一号

あらすじ ワンルームマンションで彼氏と二年半も同棲している女子大生の裕美子が主人 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 小言幸兵衛
柳家喬太郎kyoutarou
■柳家喬太郎 夜の慣用句

落語 柳家喬太郎 「夜の慣用句」 夜の慣用句(よるのかんようく)は、柳家喬太郎に …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 巣鴨の中心で、愛をさけぶ

あらすじ 知り合った女性・ルミコとラブラブになった留吉さん。 友人の前でその熱々 …

柳家喬太郎kyoutarou
柳家喬太郎 ハンバーグができるまで

あらすじ 舞台はとある商店街。 そこで一人の男性・マモルさんがお買い物。 このマ …