【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳家喬太郎/錦木検校(にしきぎけんぎょう)

   

Sponsored Link

あらすじ

大名・酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)が末子、格三郎が父親に疎んじられ下屋敷に住まわされていた頃に知り合った按摩の錦木。たいそう腕もよく話もいろいろうまい。
その按摩から、自分の骨組みは大名の骨のようだ、大成する人物のものと言われた格三郎。
万にひとつもそんなことはありえないが、もし大名になったら錦木を按摩の最高位である検校にしてやると約束する。
時は過ぎ、大名になった格三郎のもとへ、風邪をこじらせてよろよろで臭いもするような錦木がやってきた。
いぶかしがる家来を差し置いて、酒井雅楽頭は言う。

「覚えておるぞ。錦木に検校の位を授ける」

しかし、錦木はその場で絶命していた……。

Sponsored Link

 - 柳家喬太郎

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

柳家喬太郎 冬のそなた
■柳家喬太郎 ほんとのこというと

あらすじ 結婚の挨拶にと、女が男の家を訪ねる。 いい家族に迎えられた女は、自分に …

柳家喬太郎 宗漢(そうかん)
■柳家喬太郎/歌う井戸の茶碗(井戸の茶碗改作)

2010年1月27日「赤坂BLITZ寄席LIVE」にて

柳家喬太郎 ちりとてちん
柳家喬太郎/反対俥(はんたいぐるま)
柳家喬太郎/お菊の皿(皿屋敷)

お菊の皿(おきくのさら)は古典落語の演目の一つ。 古典的な怪談である皿屋敷を下敷 …

柳家喬太郎 落語の大学
柳家喬太郎/仏馬(ほとけうま)

あらすじ ある寺の坊主の弁長が本堂建立の勧進のため小坊主の珍念を連れて町へ出た。 …

柳家喬太郎 純情日記 横浜編

あらすじ バイト先で知り合った女性が好きになった。 勇気を出して電話でデートに誘 …