【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■三遊亭圓楽(六代目) 新聞記事

      2014/02/01

Sponsored Link

あらすじ

慌て者で少しぼーっとした八五郎。
ご隠居のところでバカを言っているうちに、「おまえ、新聞は読むか」と聞かれる。
「へえ、月初めに一月分」
「そりゃ古新聞だろ。じゃ、まだ今朝のを見てないな」

急に隠居の声が低くなって、
「おまえの友達の天ぷら屋の竹さんが、昨夜夜中に泥棒に殺された」という。
竹さんが寝ていると、枕元でガサガサ物音がするので電気をつけると、身の丈六尺はあろうという大男。
そいつがギラリと日本刀を抜いて、「静かにしろ」と脅したが、竹さん、なまじ剣術の心得があるものだから、護身用の樫の棒を取るとピタリと正眼に構えた。泥棒は逆上して、ドーンと突いてくる。
竹さん、ヒラリとかわして馬乗りになり、縛ろうとすると、泥棒がのんでいたあいくちで胸元をグサッ! 「あっ」
と後ろへのけぞって一巻の終わり。

家は右往左往の大騒ぎで、そのすきに泥棒は逃げ出した。
しかし、悪いことはできないもので、五分たつかたたないうちにアゲられた。
それもそのはず、天ぷら屋……。

何のことはない、落とし噺でからかわれただけ。
ところが八五郎、これを聞いてすっかり感心し、自分もやってみたくなって、当の本人の家で「天ぷら屋の竹が殺されたよ」
とやって、ほうほうの体で逃げ出した。
それでもまだ懲りずに、もう一人のところへ上がり込み、隠居の「おい、ばあさん、八っつあんが来たよ。茶を出してやんな」
のセリフからそっくり始めたから、「おい、何でウチの女房をばあさんにしやがるんだ」
とケンツクを食わされてミソをつける。

こうなればもう乗りかけた船と、強引に殺人事件を吹きまくるが、ところどころおかしくなり、泥棒の身の丈が一尺六寸になったり、あいくちが出てこないで包丁になったり、竹さんがヒラリとタイをかわした、のタイが思い出せずに、二つ並んでいる→布袋大黒→恵比寿様→釣竿→魚→鯛で連想ゲームまでやってのける。

ようやく最後の、五分たつかたたないうちに、というところまで行き着いたが、またも肝心の「あげられた」が出ない。
四苦八苦していると、向こうが先に「アゲられただろ。天ぷら屋だからな」とやってしまった。

それを言いたいためだけに連想ゲームまで演じたのだから、立つ瀬がない。
「ところでおめえ、その話の続きを知ってるかい? 竹さんのかみさんが、亭主が死んで、もう二度とだんなは持たないと、尼さんになったてえのは」「どうして」
「もとが天ぷら屋のかみさんだけに、衣をつけたがらあ」

Sponsored Link

 - 三遊亭圓楽(六代目) , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

関連記事はありませんでした