【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂枝雀 スビバセンおじさん

      2014/03/28

Sponsored Link

ショートショートで、おじさんへの質問とその答えでなる。
おじさんは雲を食べるというので味をきけば綿菓子から佐藤を抜いたような味。
年を聞くと五十とのことで、五十年も生きたのかと思うと、五十歳で生まれた後、三十年生きている。
おじさんが大きな穴を掘っているので聞くと、誰かがここに深い大きな穴があると言ったとのことで一生懸命探しているという。
日に一本ずつ煙突が増える工場、何の工場かと聞けば煙突の工場でないかとの答え。
時の流れから少し時を救った話。

影法師を洗ったのではっきりしたがちょっと短くなった話。
虹を駆け上ることができるが、タイミングをはからないと途中で消えたときに危ないという話。
押し売りお断りの張り紙を見て、せっかく親切に売りに来たという。
壁に耳あり障子に目ありということわざをあげて、壁に耳があるのかと聞くと、大きな声で風邪の悪口を言っちゃいけないとの答え。
などなどなど。
音楽に乗せての朗読調。
脚本を読んでいる感じ。
淡々とした語りで妙にさめた感じで、これが星新一のショートショートを連想させる。
実験的な試みではあるが、やはり実験だ。

*出典:http://yunomi.seesaa.net/article/50083899.html

Sponsored Link

 - 桂枝雀(二代目) , , , ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 猫

あらすじ わたしは猫です。 名前を五郎といい、っちゅうか、今の飼い主の付けた名が …

桂枝雀
桂枝雀 蔵丁稚(四段目)

『四段目』(よだんめ)は、古典落語の演目の一つ。上方では『蔵丁稚』(くらでっち) …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 七度狐

『七度狐』(しちどぎつね/ななたびきつね)または『七度狐庵寺潰し』(しちどぎつね …

桂枝雀
桂枝雀 不動坊

不動坊(ふどうぼう)は古典落語の演目。 元々は上方落語の演目の一つで、東京にも移 …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀 高津の富(宿屋の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。 上方落語では『高津の富(こうづ …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 こぶ弁慶

『こぶ弁慶』(こぶべんけい)は上方落語の演目の一つ。『大津の宿瘤弁慶』とも。 作 …

no image
■桂枝雀 胴乱の幸助(どうらんの幸助)

胴乱の幸助(どうらんのこうすけ)は上方落語の演目の一つ。 浄瑠璃(義太夫節)の素 …

桂枝雀sijakusijyaku
■桂枝雀 佐々木裁き(佐々木政談)

あらすじ 大坂西町奉行佐々木信濃守が市中の見回りをしていると、安綿橋橋詰の住友の …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 うなぎ屋(素人鰻)

あらすじ おじさんが道でぼーっとしている若者に一杯飲ませてやると誘うと、若者は一 …

桂枝雀sijakusijyaku
桂枝雀 幽霊の辻

幽霊の辻(ゆうれんのつじ)は、上方落語の演目の一つ。 落語作家の小佐田定雄が19 …