【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■古今亭志ん生(五代目) おかめ団子

      2014/11/06

Sponsored Link

あらすじ

麻布飯倉片町に、名代のおかめ団子という団子屋がある。
十八になる一人娘のお亀が、評判の器量よしなので、そこからついた名だが、暮れのある風の強い晩、今日は早仕舞いをしようと、戸締りをしかけたところに「ごめんくだせえまし、お団子を一盆また、頂きてえんですが」と、一人の客。

この男、近在の大根売りで、名を多助。
年取った母親と二人暮しだが、これが大変な親孝行者。
お袋がおかめ団子が大好物だが、ほかに楽はさせてやれない身。
しかも永のわずらいで、先は長くない。
せめて団子でも買って帰って、喜ぶ顔が見たい。

店の者は、忙しいところに毎日来て、たった一盆だけを買っていくので迷惑顔。
邪険に追い返そうとするのを主人がしかり、座敷に通すと、自分で団子をこしらえて渡したので、多助は喜んで帰っていく。

中目黒の家に帰った多助、母親が嬉しそうに団子を食べるのを見ながら床につくが、先ほど主人が売上を勘定していた姿を思い出し、大根屋では一生お袋に楽はさせられない、あの金があればと、ふと悪心がきざす。
頬かぶりをしてそっと家を抜け出すと、風が激しく吹きつける中、団子屋の店へ引き返し、裏口に回る。
月の明るい晩。

犬にほえたてられながら、いきあたりばったり庭に忍び込むと、雨戸が突然スッと開く。
見ると、文金高島田に緋縮緬(ひじりめん)の長襦袢(ながじゅばん)、鴇(とき)色縮緬の扱帯(しごき)を胸高に締めた若い女が、母屋に向かって手を合わすと、庭へ下りて、縁側から踏み台を出す。
松の枝に扱帯を掛ける。
言わずと知れた首くくり。
実はこれ、団子屋の娘のお亀。

多助あわてて、「ダミだァ、お、おめえッ」「放してくださいッ」声を聞きつけて、店の者が飛び起きて大騒ぎ。
主人夫婦の前で、多助とおかめの尋問が始まる。
父親のツルの一声で、無理やり婿を取らされるのを苦にしてのことと分かって、主人が怒るのを、太助、泥棒のてんまつを洗いざらい白状した上、「どうか勘弁してやっておくんなせえ」主人は事情を聞いて太助の孝行に感心し、罪を許した上、こんな親孝行者ならと、その場で多助を養子にし、娘の婿にすることに。

お亀も、顔を真っ赤にしてうつむき、「命の親ですから、あたくしは……」これでめでたしめでたし。
主人がお内儀さんに、「なあ、お光、この人ぐらい親孝行な方はこの世にないねえ」「あなた、そのわけですよ。
商売が大根(=コウコ、漬物)屋」。
多助の母親は、店の寮(別荘)に住まわせ、毎日毎日、おかめ団子の食い放題。
若夫婦は三人の子をなし、家は富み栄えたという、人情噺の一席。

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)首ったけ

いくら、廓(くるわ)で女郎に振られて怒るのは野暮(やぼ)だといっても、がまんでき …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)火焔太鼓

『火焔太鼓』(かえんだいこ)は古典落語の演目の一つ。 作中に出てくる「火焔太鼓」 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目)千両みかん(千両蜜柑)

千両蜜柑(せんりょうみかん)は、古典落語の演目。 原話は、明和9年(1772年) …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
★古今亭志ん生(五代目)子別れ(上・中・下)

子別れ(こわかれ)は古典落語の演目の一つ。 柳派の初代春風亭柳枝の創作落語で、3 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 庚申待(こうしんまち)~宿屋の仇討

宿屋仇(やどやがたき)は上方落語の演目の一つ。「日本橋宿屋仇」とも言う。 東京で …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)締め込み

泥棒をシテ役とする噺は、この噺をはじめ、やかん泥/夏泥/穴泥/芋泥/もぐら泥/花 …

志ん生sinsyo
古今亭志ん生(五代目)怪談阿三の森(かいだんおさんのもり)

あらすじ 深川牡丹町の近くにスズメの森が有ったが、誰言うとはなしに『阿三の森(お …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) つるつる*

八代目桂文楽が、それまでこっけい噺としてのみ演じられてきたものを、幇間の悲哀や、 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)鰻の幇間(うなぎのたいこ)

『鰻の幇間』(うなぎのたいこ)は、古典落語の演目の一つ。作者不詳の落とし話で、い …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 唐茄子屋政談(上・下)

唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)は落語の演目。人情噺の一つ。 別名は「唐茄子屋 …