【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

柳亭痴楽(四代目) 隅田川

      2018/08/01

Sponsored Link


昭和40年7月録音(1965年)

永井荷風の小説をもとにした柳亭痴楽(四代目)の新作落語(創作落語)
蓄音機で東海林太郎の「すみだ川」(昭和12年頃のヒット)を歌うがレコードに傷があって戻る、台詞を田中絹代でなく、70歳のお婆さんや、17、8でも田舎の娘が言ったら……というくすぐりを並べていく地噺。

Sponsored Link

あらすじ

お糸、長吉は幼なじみで初恋の相手だが、互いに口に出せぬまま、お糸は芸者になる。
長吉はお糸をあきらめて役者になろうと思うが、母の反対で許されず、とうとう病気で入院することになる。
家の留守番を引き受けた伯父さん、長吉の日記を見つけると、その間から落ちたのが、全部お糸の写真。
日記にもお糸のことしか書かれていない。

「初恋の君を訪ねて今宵また、書いてまた消す胸の内……
どこかで聞いた文句だな……恋しい恋しいお糸ちゃん、恋という字を分析すれば、いとしいとしという心……
こりゃ都々逸だよ……恋のカナリヤ籠から逃げて、こちらはおきざり、本当に腹が立つ、トコトンのヤットントン……
なんだいこりゃァ……」

都鳥さえ一羽じゃ飛ばぬ、昔恋しい水の面(おも)、逢えば溶けます涙も胸に、橋の柳も春の雪……

お糸長吉のお涙頂戴落語も、これでちょうど
隅田(済みだ)川となりました。

解説
「恋という字を」の都々逸は、「恋」は本字の「戀」が、「糸し糸しと言う心」と書くという意味。
同様の都々逸に「松という字を分析すれば君(公)と僕(木)との差し向かい」などがある。

[出典:名作落語大全集]

Sponsored Link

 - 柳亭痴楽(四代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目)八百屋お七

Sponsored Link 落語メモ 落語で八百屋お七物にはいくつか有り、名人 …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目)親父の勉強
柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目)桃太郎

あらすじ 昔話を親が語る傍らで子供が寝入っていた風景は、今や昔。 布団に入っても …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目)野球狂

冒頭:痴楽つづり方教室 野球の巻入り 1962年(収録年)当時のプロ野球選手名の …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 宿題

Sponsored Link

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 西行

Sponsored Link あらすじ もとは佐藤兵衛尉憲清という、禁裏警護の北 …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目)ラブレター(女給の文)

あらすじ 若い女性の良いところと損なところがあります。 男なら、朝、少しぐらいの …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 運転手募集

Sponsored Link プロフィール 4代目柳亭 痴楽(1921年5月30 …

柳亭痴楽ryuteitiraku
■柳亭痴楽(四代目) 綴方狂室(つづりかたきょうしつ)

御運び様で 厚く御礼を申し上げます。破壊された顔の所有者と自らを名乗っている、柳 …

柳亭痴楽ryuteitiraku
柳亭痴楽(四代目) 幽霊タクシー

雨のシトシトと降る寂しい夜。 何かありそうな、いやな感じが先ほどからしていた。 …