【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 二番煎じ

      2014/01/31

Sponsored Link

あらすじ

冬になると火事が多い江戸のこと、夜回りをしようということになり、旦那衆が一回りして番小屋に戻った。
一人が、寒くなったら身体を暖めようと酒を持って来たというと、別の者が、猪肉と葱を持って来たが鍋がない。
私は、鍋を背負って来た。材料がそろったところで、鍋を囲んで酒盛りが始まった。

突然「番の者はおるか」と木戸を叩く音。

見回り役人だ、酒は飲んでしまえ、鍋の上に座って隠せと大騒ぎの後で木戸を開けると、役人が

「先程土瓶を隠したが、あれは何だ」

「風邪をひいて、煎じ薬を飲んでいました」

「それは丁度よい、儂も風邪を引いておるので、煎じ薬を持って参れ」
躊躇いながら酒を差し出すと

「なかなか良い煎じ薬じゃ、チリチリと来るのがたまらん、ところで隠した鍋は何だ」

薬の口直しだと応えると

「口直しも持って参れ」

猪肉をつまみながら何杯も酒を求める役人に
「煎じ薬はもうありません」

「拙者一回りして来る、二番を煎じておけ」

※『落語400文字ストーリー』より引用

http://mengjian.blog104.fc2.com/

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

立川談志tatekawadansi
立川談志 武助馬(ぶすけうま)

武助が元の主人のところに久しぶりに帰ってきた。あれからどうしたと聞くと、八百屋を …

立川談志tatekawadansi
立川談志 清正公酒屋(せいしょうこうさかや)

縁結び浮名の恋風 酒屋の一人息子の清七は、水も滴るいい男。町内きっての美男子だっ …

立川談志tatekawadansi
立川談志 大工調べ
立川談志tatekawadansi
立川談志 道灌*

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …

立川談志tatekawadansi
■立川談志 三軒長屋

【落語】立川談志『三軒長屋』 あらすじ 三軒長屋の両端に鳶の頭と剣術の楠木先生、 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 明烏

あらすじ 遊びを知らない堅物の息子の時次郎の将来を心配した商家の旦那が、源兵衛と …

立川談志tatekawadansi
立川談志 権助提灯
立川談志tatekawadansi
■立川談志 権兵衛狸
立川談志tatekawadansi
■立川談志 風呂敷

亭主の留守に若い男を上げたところに焼きもち焼きの亭主が酔っ払って帰ってきたから、 …

立川談志tatekawadansi
立川談志 三方一両損

左官金太郎が3両拾い、落とし主の大工吉五郎に届けるが、吉五郎はいったん落とした以 …