【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 二番煎じ

      2014/01/31

Sponsored Link

あらすじ

冬になると火事が多い江戸のこと、夜回りをしようということになり、旦那衆が一回りして番小屋に戻った。
一人が、寒くなったら身体を暖めようと酒を持って来たというと、別の者が、猪肉と葱を持って来たが鍋がない。
私は、鍋を背負って来た。材料がそろったところで、鍋を囲んで酒盛りが始まった。

突然「番の者はおるか」と木戸を叩く音。

見回り役人だ、酒は飲んでしまえ、鍋の上に座って隠せと大騒ぎの後で木戸を開けると、役人が

「先程土瓶を隠したが、あれは何だ」

「風邪をひいて、煎じ薬を飲んでいました」

「それは丁度よい、儂も風邪を引いておるので、煎じ薬を持って参れ」
躊躇いながら酒を差し出すと

「なかなか良い煎じ薬じゃ、チリチリと来るのがたまらん、ところで隠した鍋は何だ」

薬の口直しだと応えると

「口直しも持って参れ」

猪肉をつまみながら何杯も酒を求める役人に
「煎じ薬はもうありません」

「拙者一回りして来る、二番を煎じておけ」

※『落語400文字ストーリー』より引用
http://mengjian.blog104.fc2.com/

Sponsored Link

 - 立川談志

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 浮世根問
■立川談志 金玉医者(きんたまいしゃ)

金玉医者は、古典落語の演目のひとつ。 「顔の医者」「すが目」「頓知の医者」「皺め …

立川談志 現代落語論
立川談志 あくび指南
立川談志 疝気の虫*

疝気の虫(せんきのむし)は古典落語の演目の一つ。原話は、寛政8年に出版された笑話 …

立川談志 馬の田楽(うまのでんがく)

あらすじ 頼まれた味噌の荷を馬に積んで三州屋という酒屋に来た男。 いくら呼んでも …

■立川談志 人情八百屋

日本橋茅場町の八百屋の平助は、10日ほど前、霊岸島の裏長屋で、おかみさんが出てき …

立川談志 実演解釈 笑い茸
立川談志 三方ヶ原軍記(みかたがはらぐんき)

三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、元亀3年12月22日(1573年1月 …

立川談志 武助馬(ぶすけうま)

武助が元の主人のところに久しぶりに帰ってきた。あれからどうしたと聞くと、八百屋を …