【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

桂小南(二代目) いかけや

      2014/06/09

Sponsored Link

あらすじ

道端で火を起こして頼まれた修理を行っていた)が、道端で火を起こして店を出そうとするところに、近所の悪ガキ連中が「いかけ屋のオッタ~ン」と奇声をあげてやってくる。
(※鋳掛屋・いかけ屋(壊れた鍋釜を修理する、リサイクル業者のこと)

「ほおら、きやがった。ここいらのガキはどないしょうもない」と、いかけ屋は気が気ではない。

案の定、子供たちはいかけ屋を取り囲み、「おったん。えらい御精が出まんな」
「そのプウプウ火起こしてンのはどういう目的じゃ」
「オッタン、あんさん細君ごわすか」
と次々と下らない質問してきては、いかけ屋の反応を楽しんでいる。

「どうぞ、たのむからあっち行ってくれ。おっちゃん、仕事でけへん」と言っても去るどころか、ますます調子に乗ってなぶりにかかる。
そこへ悪ガキの大将と称するのが来て「こら、おやじ!」。

これには、さすがにいかけ屋も切れて「おやじ?! 言い方気イつけよ。もっとおっちゃんとか、オッタンとか可愛らしゅう言えんのか。アホンダラ」とやり込めるが、「何ぬかしやがんねん。このヘタ」と平気なものである。
「ヘタ!? 人間に真中やヘタがあってたまるかい。
何の用やねん」——聞けば石ほじくるさかい金槌貸せという。

「アホンダラ。そんなものに貸せるかい。貸すから、家帰って、おのれの鍋や釜に穴開けて来い!」「そんなことしたら、おっ母さんこわいがな」
「何言うか。それくらいのことできんで、一人前の悪さになれるかい。おっちゃん、おまえらのころ、よう鍋釜、ボーン、ボーン金槌でいわして穴開けとったわい」
「ははあ、そンで大きゅうなって直しに回ってんのやな」と完全に一本取られる。

「貸せ。貸せ言うとんのじゃい。貸さんかったら火イ消すぞ」
「おっちゃんが苦労しておこした火どう消すねん」
「…へへへ。小便で消したろか」
「何。やれるもんならやってみ」
「ああ。何でもないこっちゃ。おい、市松ちゃんに、虎ちゃんに、みな来い。みな来い」
ジャジャージャアジャア。
「あああ…ホンマに消しよった! … こらあ~」いかけ屋の嘆きをあとに悪ガキたちは次の標的、うなぎ屋をめざして駆けて行くのであった。

Sponsored Link

 - 桂小南(二代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

桂小南(二代目)雛鍔(ひなつば)

1974年録音の音源 あらすじ とあるご主人、仕事から帰ってまいりまして、女将さ …

桂小南(二代目) 田楽喰い(ん廻し)

昭和46年(1971年)11月録音 ん廻し(んまわし 別題:運廻し)の後半部分の …

桂小南(二代目) 尻餅(しりもち)
桂小南(二代目)夢八(夢見の八兵衛)

あらすじ しょっちゅう夢ばっかり見ている八兵衛こと夢八のもとに、甚兵衛が来て 「 …

桂小南(二代目)平林(ひらばやし・たいらばやし)字違い

平林(ひらばやし または たいらばやし)は、古典落語の演目。字違い(じちがい)、 …

桂小南(二代目) つる

『つる』は、古典落語の演目の一つ。 元は「絵根問」という噺の最後の部分だったが、 …

桂小南(二代目) 眼鏡屋盗人

東京では『めがね泥』