【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 搗屋幸兵衛(つきやこうべえ)

      2014/02/15

Sponsored Link

あらすじ

家主の幸兵衛が、今朝も長屋を一回りして、小言を言って家に戻ると、空家を借りたいと男が訪ねて来た。
仕事は搗米屋だというので、以前あの部屋には搗米屋がいて、その隣に自分が暮らしていたと思い出話を始めた。
最初に結婚した嫁は働き過ぎて体を壊した。
死に際に妹を後添いにと頼まれて妹と再婚したが、死んだ姉が私を恨んでいると言い出した。
姉の位牌が朝になると後ろを向いている。
妹はこれを気に病んで死んでしまった。
死後、朝になると二人の位牌が揃って後ろを向いている。
さては狸の仕業かと、寝ずの番をしたが、空が白んでも何にも起きない。
隣の搗米屋が起きて仕事を始めて米を搗く音が響き出した。
ドスンという度に位牌が少しずつ回り、やがて位牌が真後ろを向いた。
最初の嫁は病気だから仕方ないとしても妹はこれを気に病んで死んでいったのだから、搗米屋に殺されたようなもんだ。
「やい搗米屋、嫁の仇、そこへ直れ!」

※『落語400文字ストーリー』より引用
http://mengjian.blog104.fc2.com/

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)宮戸川(お花半七馴れ初め)
古今亭志ん生(五代目)一眼国

両国界隈には、多くの商人や見世物小屋が林立しており、インチキも多かった。 人の子 …

古今亭志ん生(五代目) 三軒長屋(前・後)

三軒長屋(さんげんながや)は落語の演目の一つ。 原話は中国の明代に書かれた笑話本 …

古今亭志ん生(五代目)麻のれん

按摩の杢市は、強情で自負心が強く、目の見える人なんかに負けないと、いつも胸を張っ …

古今亭志ん生「で、この~酒の問題ですがねぇ・・・」

語り:小沢昭一

古今亭志ん生(五代目)干物箱

干物箱(ひものばこ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、延享4年(1747年)に出 …

古今亭志ん生(五代目)松山鏡

1966年(昭和41年)録音 松山鏡(まつやまかがみ)は古典落語の演目の一つ。原 …

古今亭志ん生(五代目)紙入れ

解説 間男噺で『風呂敷』とよく似ている。やり方によっては艶笑的になるが、それが嫌 …

古今亭志ん生(五代目)うなぎ屋(鰻屋)
古今亭志ん生(五代目)道灌

道灌(どうかん)は、落語の演目の一つ。 初代林家正蔵の咄本『笑富林』(1833年 …