【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 搗屋幸兵衛(つきやこうべえ)

      2014/02/15

Sponsored Link

あらすじ

家主の幸兵衛が、今朝も長屋を一回りして、小言を言って家に戻ると、空家を借りたいと男が訪ねて来た。
仕事は搗米屋だというので、以前あの部屋には搗米屋がいて、その隣に自分が暮らしていたと思い出話を始めた。
最初に結婚した嫁は働き過ぎて体を壊した。
死に際に妹を後添いにと頼まれて妹と再婚したが、死んだ姉が私を恨んでいると言い出した。
姉の位牌が朝になると後ろを向いている。
妹はこれを気に病んで死んでしまった。
死後、朝になると二人の位牌が揃って後ろを向いている。
さては狸の仕業かと、寝ずの番をしたが、空が白んでも何にも起きない。
隣の搗米屋が起きて仕事を始めて米を搗く音が響き出した。
ドスンという度に位牌が少しずつ回り、やがて位牌が真後ろを向いた。
最初の嫁は病気だから仕方ないとしても妹はこれを気に病んで死んでいったのだから、搗米屋に殺されたようなもんだ。
「やい搗米屋、嫁の仇、そこへ直れ!」

※『落語400文字ストーリー』より引用

http://mengjian.blog104.fc2.com/

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目) 中村仲蔵

あらすじ 明和3(1766)年のこと。 苦労の末、名題に昇進にした中村仲蔵は、「 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) ふたなり

『ふたなり』は古典落語の演目の一つ。ふたなり(半陰陽)をテーマとしている。 上方 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) ぼんぼん唄

Sponsored Link 江戸時代、京橋八丁堀、玉子屋新道に”源兵衛”という …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目) 品川心中

聴き比べ ⇒⇒ 古今亭志ん朝 品川心中

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 麻のれん

Sponsored Link 按摩の杢市は、強情で自負心が強く、目の見える人なん …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 貧乏自慢

Sponsored Link 小島貞二氏の志ん生師匠へのインタビュー  ⇒ 柳家 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 雪とん

あらすじ 絹問屋の娘お糸に岡惚れした大尽兵左衛門が女中を買収し、とんとんと叩くの …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)吉原綺談(上・中・下)芳原奇談雨夜鐘より

あらすじ ある日、やくざの権次が目にしたのは、下谷摩利支天横町の裏長屋に住んでい …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 粗忽長屋