【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

立川談志 宿屋の富(高津の富)

      2016/04/29

Sponsored Link

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。
上方落語では『高津の富(こうづのとみ)』と呼ぶ。
上方発祥の演目で、3代目柳家小さんが東京に持ち込んだ。
そのナンセンスさ故か演者は多く、
ざっと挙げるだけでも東京の4代目柳家小さんや5代目古今亭志ん生、上方の6代目笑福亭松鶴や5代目桂文枝など堂々たる大看板が手がけている。

Sponsored Link

 - 立川談志 ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

立川談志 慶安太平記~幕開き
立川談志 武助馬(ぶすけうま)

武助が元の主人のところに久しぶりに帰ってきた。あれからどうしたと聞くと、八百屋を …

立川談志 文七元結*
■立川談志/金玉医者(きんたまいしゃ)

金玉医者は、古典落語の演目のひとつ。 「顔の医者」「すが目」「頓知の医者」「皺め …

立川談志 慶安太平記~吉田の焼き討ち
■立川談志 粗忽長屋

⇒★聴き比べ

立川談志 妲己のお百(だっきのおひゃく)

あらすじ 『妲己のお百』とあだ名されるとんでもない悪女は、今は美濃屋の小さんとし …

立川談志 天災*

天災(てんさい)は、古典落語の演目の一つ。 上方・江戸双方で口演されており、基本 …

立川談志 五人廻し

上方ではやらないが、吉原始め江戸の遊廓では、一人のおいらんが一晩に複数の客をとり …

立川談志/寿限無