【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) おせつ徳三郎(刀屋)

      2014/10/19

Sponsored Link

お店のお嬢様のおせつと奉公人の徳三郎が恋仲に落ちた。それが明るみに出て、徳三郎は暇を出され、叔父さんの家に預けられた。
しばらく経ち、おせつが婿を取り婚礼が行われることを知った徳三郎は、自分を裏切ったおせつに一太刀浴びせて自害するために刀を買おうとするが、尋常じゃない様子に刀屋の主人が訳を聞きながら説得する。
そこへたまたま訪れた叔父さんの口から、おせつが婚礼の席から逃げ出したことが耳に入った。徳三郎は刀店を飛び出し、思い出の橋の上でおせつに会うことができた。
二人でこの橋から飛び降りて死のうと「南無阿弥陀仏」と唱えて飛び降りたが、深川の川面にびっしりと並んだ材木の上に落ちた。
「あたしたちは死んだんじゃないの」
「飛び込んで水を飲むから死ねるんです、水を飲まなきゃ死ねっこありません」
 何を思ったかおせつが水をすくって飲み、
「さあ徳やお前もおあがり」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)紙入れ

解説 間男噺で『風呂敷』とよく似ている。やり方によっては艶笑的になるが、それが嫌 …

古今亭志ん生(五代目)祇園祭(祇園会)

『祇園会』(ぎおんえ)は古典落語の演目の一つ。 原話は、天保年間に出版された笑話 …

古今亭志ん生(五代目)三枚起請(さんまいきしょう)

三枚起請(さんまいきしょう)は古典落語の演目の一つ。 もともとは上方落語で、初代 …

古今亭志ん生(五代目)はてなの茶碗(茶金)

昭和30年代の音源 ★冒頭で 師匠:四代目 橘家圓喬について、自身のエピソードも …

古今亭志ん生(五代目)中村仲蔵

あらすじ 明和3(1766)年のこと。 苦労の末、名題に昇進にした中村仲蔵は、「 …

古今亭志ん生(五代目)素人相撲

ある男が相撲に出てみないかと勧められて、オレは大関だと豪語している。 こういうの …

古今亭志ん生(五代目)火事息子

神田三河町の、伊勢屋という大きな質屋。 ある日近所で出火し、火の粉が降りだした。 …

古今亭志ん生(五代目)心中時雨傘(上・下)

あらすじ 根津権現の祭りは勇壮だった。 祭りの準備で屋台が出て、その上根津の遊廓 …

古今亭志ん生(五代目) 唐茄子屋政談(上・下)

唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)は落語の演目。人情噺の一つ。 別名は「唐茄子屋 …

古今亭志ん生(五代目)文違い

あらすじ 内藤新宿の女郎お杉には馴染み客として日向屋の半七、田舎客の角蔵が贔屓に …