【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) おせつ徳三郎(刀屋)

      2014/10/19

Sponsored Link

お店のお嬢様のおせつと奉公人の徳三郎が恋仲に落ちた。それが明るみに出て、徳三郎は暇を出され、叔父さんの家に預けられた。
しばらく経ち、おせつが婿を取り婚礼が行われることを知った徳三郎は、自分を裏切ったおせつに一太刀浴びせて自害するために刀を買おうとするが、尋常じゃない様子に刀屋の主人が訳を聞きながら説得する。
そこへたまたま訪れた叔父さんの口から、おせつが婚礼の席から逃げ出したことが耳に入った。徳三郎は刀店を飛び出し、思い出の橋の上でおせつに会うことができた。
二人でこの橋から飛び降りて死のうと「南無阿弥陀仏」と唱えて飛び降りたが、深川の川面にびっしりと並んだ材木の上に落ちた。
「あたしたちは死んだんじゃないの」
「飛び込んで水を飲むから死ねるんです、水を飲まなきゃ死ねっこありません」
 何を思ったかおせつが水をすくって飲み、
「さあ徳やお前もおあがり」

Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) ぼんぼん唄

Sponsored Link 江戸時代、京橋八丁堀、玉子屋新道に”源兵衛”という …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 三味線栗毛

あらすじ 老中筆頭、酒井雅楽頭(さかいうたのかみ)の次男坊・角三郎は、ちょくちょ …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 百年目

『百年目』(ひゃくねんめ)は、落語の演目。 元々は上方落語の演目で、のちに東京に …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 紀州

紀州(きしゅう)は古典落語の演目の一つ。 原話は、松浦静山が文政4年(1821年 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)探偵うどん

探偵うどん(たんていうどん)は古典落語の演目の一つ。 元々は『警察うどん』という …

no image
古今亭志ん生(五代目) 駒長(こまちょう)

ほうぼうに借金だらけの長兵衛とお駒の世帯。もうにっちもさっちもいかない。 長兵衛 …

志ん生74歳sinshokokon
古今亭志ん生(五代目)強情灸

強情灸(ごうじょうきゅう)は古典落語の演目の一つ。 元々は上方落語の『やいと丁稚 …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) へっつい幽霊

竃幽霊(へっついゆうれい)は古典落語の演目の一つ。原話は、安永2年(1773年) …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 雪とん

あらすじ 絹問屋の娘お糸に岡惚れした大尽兵左衛門が女中を買収し、とんとんと叩くの …

古今亭志ん生(五代目)kokonteisinsyo
古今亭志ん生(五代目) 穴釣り三次(上・下)*

▼あらすじ▼ 【上】 紙問屋・甲州屋の一人娘お梅が奉公人の粂之助と深い仲になる。 …