【落語チャンネル】ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

古今亭志ん生(五代目) 穴釣り三次(上・下)*

      2014/02/08

Sponsored Link

▼あらすじ▼
【上】
紙問屋・甲州屋の一人娘お梅が奉公人の粂之助と深い仲になる。
番頭は口うるさいが、主人は理解のある人で、粂之助をしばらく谷中長安寺で住職をしている粂之助の兄・玄道に預け、時期を見てどこかの養子にしてお梅の婿に迎えようという。

粂之助はこうして寺に入ったが、お梅に話をする暇がなかった。
お梅は粂之助がいる寺を聞き、店の金30両を持ち出して家出をする。

谷中にたどり着いた時には髪も乱れ、着物も汚れているが、誰が見てもいい所のお嬢様という姿。
立ち寄った店で寺を尋ねるが分からない。
店を出たお梅を男が追ってきて声を掛ける。

粂之助と一緒に寺で修行をしているのが、時々抜け出して穴釣りをしているので、穴釣り三次というあだ名がついているという男。
三次は今後のことを尋ねるふりをして、お梅はもちろん、粂之助も金を持っていることを確かめると、紐を出してお梅の後ろへ回る。
さて、いかがありなりますか、引き続き申し上げます。

【下】
粂之助のもとを一人の男が訪ねて来た。
お梅が無理に結婚させられそうになって、家出をしたというのだ。
金を持って一緒に来るよう伝えて男は帰る。
残されたのはお梅の財布。
これに金を入れて持って来いというのだな、と理解して粂之助は急いで準備をする。

その頃、甲州屋ではお梅の絞殺死体が見つかって大騒ぎになる。
番頭は粂之助が殺したのに違いないと言い出し、使いの者が粂之助を呼びに行く。
ちょうど粂之助が金を持って出ようとしたところへ使いの者が出くわし、連れだって店へ戻る。

番頭が自分を下手人と決め付けるので、腹が立った粂之助がつかみ掛かると、懐から財布を落としてしまう。
お梅の財布に金が入っており、使いの者が行った時には高飛びしようとしていた、というので言い逃れは出来そうにない。

粂之助は必死に経緯を説明、財布の中身の金額が違っていたのでようやく誤解は解けるが、怒ったのは兄である住職。
元は武士だったが、長男である自分は僧侶となり、次男が放蕩の末行方不明、末の粂之助がしっかりしなければならない。

これを聞いた粂之助が自害しようというところへ男が入って来た。
今朝粂之助を迎えに来た男、おうめを殺した穴釣りの三次である。
これこそ行方不明になった次男だったのである。

まさか弟を訪ねるお梅を殺した上、弟までだまして絞め殺すつもりだったとは……三次は全てを告白し、死罪になって当然と奉行所に名乗って出る。

さて、三次は死罪を許され島送りとなった。
戻ってからは兄の元で仏道修行に励み、長安寺の住職になる。
粂之助は甲州屋の養子となり、後を継ぐ。

原題:闇夜の梅
Sponsored Link

 - 古今亭志ん生(五代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

古今亭志ん生(五代目)お茶汲み

狂言『墨塗女』をもとに軽口噺『墨ぬり』が出来る。上方落語では『黒玉つぶし』で演じ …

古今亭志ん生(五代目)火焔太鼓

『火焔太鼓』(かえんだいこ)は古典落語の演目の一つ。 作中に出てくる「火焔太鼓」 …

古今亭志ん生(五代目)あくび指南(あくびの稽古)

『釣り指南』『小言指南』など指南物の一つ。 志ん生は、ホール落語にはかけなかった …

古今亭志ん生(五代目)幾代餅(いくよもち)

別題:幾代餅の由来 『紺屋高尾』という噺と筋はまったく同じ。 日本橋の搗米屋六右 …

古今亭志ん生(五代目)吉原綺談(上・中・下)芳原奇談雨夜鐘より

あらすじ ある日、やくざの権次が目にしたのは、下谷摩利支天横町の裏長屋に住んでい …

古今亭志ん生(五代目)半分垢

あらすじ 江戸時代、江戸の力士が上方へ、あるいは上方の力士が江戸へ来て修行をする …

no image
古今亭志ん生(五代目) 大工調べ

大工の棟梁・政五郎が、仕事に行こうと与太郎を呼びに行くと、一両八百文たまった家賃 …

古今亭志ん生(五代目) 黄金餅

『黄金餅』(こがねもち)は、古典落語の演目である。 自分の死後に財産が他人に渡る …

古今亭志ん生(五代目)宿屋の富(高津の富)

宿屋の富(やどやのとみ)は古典落語の演目の一つ。上方落語では『高津の富(こうづの …

古今亭志ん生(五代目)お直し【文部大臣賞に燦然と輝く郭噺】

1956年(昭和31年)12月、『お直し』の口演で文部省芸術祭賞(文部大臣賞)を …