【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

■桂文楽(八代目) 大仏餅

      2014/10/12

Sponsored Link

大仏餅(だいぶつもち)は古典落語の演目の一つ。
大看板、三遊亭圓朝の創作落語(三題噺)とされている。主な演者には、8代目桂文楽などがいる。

▼お題▼
「大仏餅」
「袴着の祝い」
「新米の盲目乞食」

あらすじ

まずは、マクラでよく使われる小噺から。
大仏の目
『奈良の大仏様』の片目がはずれ、腹の中に落っこちた。
人々がパニックになる中、一人の男が「修繕しましょう」と申し出る。
身軽な動きで大仏様に上り、目に開いた穴から中に入ると、腹の中に落ちている目玉を取ってきて眼窩にすぽっ!
「大仏様は直ったけど、あの人は閉じ込められちゃったよ!!」
如何するのかと見ていると、男が鼻の穴からにゅっと出てきた。
利口な人は、『目から鼻へ抜ける』のだとか。

▼本筋▼
ある冬の日。御徒町に店を構える、河内屋金兵衛の店先に襤褸をまとった少年がやってきた。
「おとっつぁんが怪我をしました。血止めにするので、煙草の粉を少々ください」
その父親と言うのは目が不自由らしく、息子にすがり辛うじて立っている。
同情した金兵衛は、親子を店の奥に上げ、傷薬を渡してあげた。
「ところで、息子の歳は何歳かね?」
「六つです」
「そうかい…」
金兵衛にも息子がいるが、甘やかして育てたせいか、我侭な性格に育ってしまっている。
「さっきも、子供の『袴着の祝い』をしていたんだが、好き嫌いが多くて大変だったよ。そうだ、残り物で申し訳ないのだが…もらって行くかね?」
「有難うございます。では、ここに…」
そういって乞食が差し出してきたのは、何と『朝鮮鈔羅(ちょうせんさはり)の水こぼし』という高級品。
「これを面桶の代わりに? 恐れ入ったな…」
「これは秘蔵品でございまして、零落しても売る気になれませんでした…」
その場で食事をすることになり、金兵衛の指示でお膳が運ばれてきた。
「八百善ですか。私も以前は、よく食べていました…」
味付けに文句ばかりをいい、料理人を困らせた報いでこのザマです…と乞食は笑う。
「しかし…。零落しても、家宝だけは手放さないとは。貴方は真のお茶人だ。何処の門人だい?」
「川上宗治の門人でした」
「貴方の名前は?」
「大変いいにくいのですが…」
数刻の間。やがて、意を決した乞食が話し始める。
「私は、芝片門前に住まいおりました、神谷幸右衛門と申すものでございます」
「え!? あの神幸さん? お上のご用達をなさっていた…」
変われば変わるものだ…と、金兵衛はしみじみとなった。
「そうだ。神幸さんには敵わないが、私も茶道をやっております。いかがでしょうか、一服立てますので、飲んでいただけませんか?」 「それは有難うございます」
『お茶請けに』と用意してもらった大仏餅を、息子に一つ取ってもらい、感涙に咽びながら一口…喉につかえた。
「つかえた? 大変だ…」
慌てた金兵衛が、幸右衛門の背中をドンと一突き。
「ウプッ…有難うござヒました…」
「お!? 貴方、目が開きましたよ!」
「本当だ。でも、代わりに鼻が…」
「無理もありませんよ。食べたのが大仏餅、目から鼻へ抜けたんです」

Sponsored Link

 - 桂文楽(八代目) ,

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目)  明烏

) 文楽十八番 あらすじ 異常なまでにまじめ一方と近所で評判の日本橋田所町・日向 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
桂文楽(八代目) よかちょろ

●あらすじ 若だんなの道楽がひどく、一昨日使いに行ったきり戻らないので、だんなは …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 船徳(舟徳)
桂文楽(八代目)katurabunraku
桂文楽(八代目)/しびん(花瓶)

しびんは古典落語の演目の一つ。原話は、宝暦13年(1763年)に出版された笑話本 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
桂文楽(八代目) 小言幸兵衛

8代目桂 文楽(かつらぶんらく、1892年(明治25年)11月3日 – …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 悋気の火の玉

原話は、天保3年(1833年)に出版された桜川慈悲成の笑話本『延命養談数』の一編 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 富久

あらすじ 久蔵は腕の良い幇間だが、酒癖が悪くて贔屓をみんなしくじって、日本橋の竈 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 素人鰻(うなぎ屋)

素人鰻(しろうとうなぎ)は、落語の演目名。 八代目桂文楽の至芸が知られる。 原話 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) 心眼

横浜から顔色を変えて梅喜(ばいき)が歩いて帰ってきた。聞くと弟に「穀潰しの、ど盲 …

桂文楽(八代目)katurabunraku
■桂文楽(八代目) かんしゃく

『かんしゃく』は落語の演目。 三井財閥の一族で実業家・劇作家の益田太郎冠者が初代 …