【落語チャンネル】 ネット寄席

落語動画・音声まとめデータベース/世界に誇る日本の伝統芸能 落語ワールドをご堪能下さい

*

三遊亭圓生(六代目) 首提灯

      2014/06/22

Sponsored Link

首提灯(くびぢょうちん)は古典落語の演目の一つ。
原話は、安永3年(1774年)に出版された笑話本・「軽口五色帋」の一遍である『盗人の頓智』。
近年の主な演者には、4代目橘家圓蔵6代目三遊亭圓生(この噺で芸術祭文部大臣賞受賞)、そして林家彦六などがいる。

Sponsored Link

 - 三遊亭圓生(六代目)

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 掛け取り(掛取万歳)

借金をかかえて困り果てた八五郎夫婦。「掛け取り」を追い払うために知恵をしぼった末 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 牡丹灯籠(お露と新三郎/御札はがし)

お露と新三郎 御札はがし(1:03:03~) 牡丹灯籠(ぼたん どうろう)は、中 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 江戸の夢

宇野信夫作 Sponsored Link 庄屋の武兵衛は発句に熱中。娘・テルは奉 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
■三遊亭圓生(六代目) 妾馬(八五郎出世)

八五郎出世(はちごろうしゅっせ)は古典落語の演目の一つ。 別題は『妾馬』(めかう …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
■三遊亭圓生(六代目) 百川

) 昭和53(1978)年4月25日 第120回落語研究会 国立小劇場 圓生77 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) らくだ

『らくだ』は、古典落語の演目。上方落語の演目の1つである。 人物の出入りが多い上 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 心のともしび(心の灯火)

長屋暮らしで傘張りで生活している浪人。今日もうまのあう町人が遊びに来る。字を教え …

no image
三遊亭圓生(六代目) 四宿の屁(四宿のおなら)

江戸時代、品川、新宿、千住、板橋の四つの岡場所(非公認の遊廓)を四宿といい、吉原 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 中村仲蔵

あらすじ 出し物「仮名手本忠臣蔵」という狂言が決まり、座頭と立作者が当時は役を決 …

三遊亭圓生(六代目)ensyo
三遊亭圓生(六代目) 水神

水神は、1963年(昭和38)劇作家・作詞家:菊田一夫が六代目三遊亭圓生のために …